1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都国立博物館
  5. 特集陳列 生誕300年 伊藤若冲

特集陳列 生誕300年 伊藤若冲

2016/12/13 ~ 2017/01/15


【京都国立博物館】

京都国立博物館

果蔬涅槃図 伊藤若冲筆 京都国立博物館

2016年に生誕300年を迎えた江戸時代の絵師・伊藤若冲。京都国立博物館では、2005年以来11年ぶりの若冲の特集陳列を開催します。

伊藤若冲は1716年に京都・錦市場にある青物問屋の長男として生まれました。彼にとって絵画制作は趣味としてのものでしたが、あくなく表現への探求から、次第に市中でも評判の絵師となっていきます。そして40歳で家督を弟に譲り、本格的に絵師として活動するようになりました。

自らの目で対象を見ることを大切にした若冲は、特に花鳥画を多く描きました。とりわけ鶏は、若冲の代名詞ともいえる彼の得意画題です。一方で若冲は、少ないながらも人物画も手がけており、そこには花鳥画の華やかさとは別種の軽妙さがあります。蛙と河豚に相撲をとらせたり、野菜を釈迦の入滅になぞらえたり、生真面目に思われがちな若冲の、思いがけないほどユーモアに満ちた一面を見ることができます。

2016年は生誕300年を記念し各地で大規模な若冲展が開催されていますが、この特集陳列では、日本初公開の作品を含めほかの展覧会では展示されていない作品を交え、若冲の魅力をご紹介します。ぜひご高覧ください。
 

同時開催

新春特集陳列「とりづくし-干支を愛でる-」(12月13日~1月15日)
特集陳列 「皇室の御寺 泉涌寺」(12月13日~2月5日)


CHECK POINT

【関連イベント】土曜講座「若冲のユーモア」

日時:2016年12月17日(土)13:30~15:00
講師:福士雄也(京都国立博物館研究員)
会場:京都国立博物館 平成知新館 講堂
定員:200名
料金:無料(ただし当日の観覧券が必要です)
※事前申込不要・先着順受付
※当日12:00より平成知新館1階にて整理券を配布します(定員に達し次第配布終了)

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗