1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 細見美術館
  5. 生誕300年記念 伊藤若冲 -京に生きた画家-

生誕300年記念 伊藤若冲 -京に生きた画家-

2016/06/25 ~ 2016/09/04


【細見美術館】

細見美術館

【作品画像】※すべて細見美術館蔵
(1)伊藤若冲筆「雪中雄鶏図」紙本着色
(2)伊藤若冲筆「糸瓜群虫図」絹本着色
(3)伊藤若冲筆「子犬に箒図」紙本墨画
(4)伊藤若冲筆「鼠婚礼図」紙本墨画


奇想の画家として知られる伊藤若冲は、江戸時代中期・正徳6年(1716)に京都・錦小路高倉にあった青物問屋「枡屋」の長男として生まれました。数え年で23歳のとき、若冲は父の死去に伴い家督を相続、四代目を継ぎます。しかし40歳を機に弟に家督を譲り、以後は絵画制作に没頭。その個性的な画風はさまざまな絵師が腕を競い合っていた京都において大きな注目を集め、評判を呼びました。
その後若冲は天明8年(1788)の大火で被災し一時大坂に身を寄せますが、晩年は京都・深草にある黄檗宗寺院の石峰寺の門前に隠棲し、寛政12年(1800)に85歳で亡くなるまで絵画三昧の人生を送りました。

贅沢な材料をふんだんに使い、技を凝らして描かれた精緻で大胆な若冲の作品あ、観る人を圧倒する「気」に満ちています。一方で、墨の濃淡や筆勢、紙の特性を生かした水墨画には、ユーモラスな視点や生き物を慈しむ優しいまなざしが感じられます。

それまでの日本の絵画には見られない奇抜なモチーフ、独創的な画面構成や絵画技法を駆使して創作を行った、江戸美術を代表する画家の一人として、若冲は時代や国を超えてみる人に強い印象を与え続けています。
生誕300年を機に開催するこの展覧会では、若冲が生まれその生涯を過ごした京都で開催する展覧会として、細見コレクションの若冲作品を中心に、ゆかりの場所や作品の紹介、弟子たちの作品もあわせてご紹介します。
若冲の魅力的な世界を、より実感していただける機会となるでしょう。ぜひ足をお運びください。


CHECK POINT

【関連イベント】アートキューブレクチャー「京都の若冲、若冲の京都」

日時:2016年8月6日(土)14:00~
講師:狩野博幸氏(美術史家)
  《イントロダクション・レクチャー「細見コレクションの若冲」》細見良行氏(細見美術館館長)
会場:京都市勧業館 みやこめっせ 地下1階 大会議室
※細見美術館ではございませんのでご注意ください

料金:700円(入館料は別途必要です)
定員:100名(要申込・先着順受付)

申込方法


往復はがきに
(往診側)氏名・ふりがな・電話番号・会員番号(友の会会員のみ)
(返信側)郵便番号・住所・氏名
上記を明記の上、書きあて先にまでお送りください。

あて先:〒606-8342 京都市左京区岡崎最勝寺 細見美術館 アートコレクションプレクチャー係
申込期間:7月2日(土)~29日(金)必着(友の会会員の方は6月25日(土)から受付)

※申込期間以外に届いたものは無効となります。
※定員に達し次第受付終了となります。(定員に達した後のお申込については参加いただけない旨を返信はがきにてご案内します)
※1週間たっても受付の可否の案内がない場合は、美術館までお問い合わせください。

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗