1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 美術館「えき」KYOTO
  5. 岩合光昭写真展「ネコライオン」

岩合光昭写真展「ネコライオン」

2015/02/05 ~ 2015/02/22


【美術館「えき」KYOTO】

美術館「えき」KYOTO

世界を舞台に活躍する動物写真家・岩合光昭氏は、地球上のあらゆる地域をフィールドに大自然と野生動物を撮り続ける一方、私たちの身近に暮らすイヌやネコの撮影も継続して行っており、その作品は多くの人々を魅了しています。

岩合氏の取材対象の中でも、とりわけ多くの時間を割いて撮影をしているのがネコとライオンです。

岩合氏はこう話します。「ネコは小さなライオンだ。ライオンは大きなネコだ。」

私たち人間の生活に溶け込むように暮らすネコ。一方で百獣の王と呼ばれ、人間と遠い野生の世界に生きるライオン。彼らは同じネコ科でありながら、大きさも、生活も異なります。それでも、やはりどこか似ているのです。

写真展「ネコライオン」では、岩合光昭氏が捉えた人間と共生するネコ、野生に生きるライオンを、約150点の作品で展覧します。
似ているようで似ていない…似ていないようで似ている…「ネコライオン」の摩訶不思議な世界を、是非ご体感ください。
 

岩合光昭

1950年東京生まれ。19歳のとき訪れたガラパゴス諸島の自然の驚異に圧倒され、動物写真家としての道を歩み始める。以来、地球上のあらゆる地域をフィー ルドに動物たちを撮影。その美しく、想像力をかきたてる作品は世界的に高く評価されている。
1979年『海からの手紙』で木村伊兵衛写真賞受賞。タンザニ アのセレンゲティ国立公園におよそ2年間滞在して撮影した写真集『おきて』は、世界中でベストセラーとなる。
一方で、身近な存在であるネコの撮影も40年以 上のライフワークとして撮影を続けており、ネコと人の関係性が垣間みえるその独特の作風は、多くの人の共感を呼び人気を博している。
著書に『ライオン家族』 『おきて』(小学館)、『セレンゲティ』(朝日新聞社)、『ねこ』『ねこ歩き』『どうぶつ家族』(クレヴィス)などがある。
https://www.digitaliwago.com/

 


CHECK POINT

【関連イベント】ネコ、ライオンの写真募集

街で見かけたネコやご自宅のネコ、動物園やアフリカで見たライオンなど、
貴方が撮影したネコやライオンの写真を展覧会期間中に展示します。

募集期間:2015年2月5日(木)~2月22日(日)
展示場所:美術館「えき」KYOTO入口付近
受付場所:美術館「えき」KYOTO 受付カウンター
※カウンターに写真ボックスを設置します。応募する写真はそちらにお入れください。

《受付条件》
※お一人様1枚のみ。写真の返却はございません。
※サイズは写真L版のみ受付けます。
※人物が写りこんでいる写真は展示できません。。
※出展者のお名前やネコ、ライオンの名前、メッセージなどの文字が記入されている写真は展示できません。
※展示スペースが埋まり次第受付終了となります。
※展示場所の指定はできません。

【関連イベント】美術館「えき」KYOTO×京都市動物園

展覧会の会期中、美術館「えき」KYOTOと京都市動物園にて相互割引を実施します。
「ネコライオン」展の入館券、京都市動物園の入園券(年間パス含む)を相互の施設で提示すると、割引料金となります。
この機会に足をお運びください。

■割引内容
《京都市動物園》一般:600円→500円(中学生以下無料)
《美術館「えき」KYOTO》当日料金より200円引き

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗