1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. みえないものをみる Invisible à Voir フランス現代美術展

みえないものをみる Invisible à Voir フランス現代美術展

2013/08/24 ~ 2013/09/04


【作品画像】
《Out of Place》(パフォーマンス写真)
2011年 京都・大覚寺
ジャン=リュック・ヴィルムート&西村麻美


フランス人作家5名とフランス在住の日本人作家2名による現代美術展です。

この展覧会は2つのコンセプトによって構成されています。

ひとつはフランス的手法。
フランス人は大げさに表現されたものであるとか、お金のかかったものよりも、すごくちっぽけなもの、ごくわずかなもの、目にも映らないような小さいことに愛情を注いでいます。そこから、アーティストは想像を膨らませて作品をつくります。
また、フランス人は言いたいことをストレートに表現しなくても、伝えるそして感じとることが大変上手な人たちです。
彼らは直接的な方法ではなく、どこかにクッションを置いた伝え方を好みます。

もうひとつは「今日の日本」についてです。
海外からみた日本のイメージは、日本人にとってはあまり目にする機会が少ないのが現実です。
展覧会では、フランスに住みながらも日本という国に影響を受けたフランス人作家や、フランス在住の日本人作家がそれぞれの視点で、日出ずる国に想いをよせた作品を展開します。
表現方法は彫刻、インスタレーション、写真、映像など多岐にわたり、また作品のコンテンツも映画、文学、歴史などバラエティに富んだ内容となっています。

代表作家はドキュメンタ・カッセルや越後妻有トリエンナーレ等で活躍しているジャン=リュック・ヴィルムート(国立パリ高等美術学校教授、元ヴィラ九条山招聘作家)のほか、ポンピドゥーセンターの展覧会Dreamlands 等に参加、今年は銀座メゾンエルメスのウィンドウディスプレイをアートに変身させたりと日本でも活躍している、ル・ジャンティ・ギャルソン(元ヴィラ九条山招聘作家)も今回作品を発表します。

今回の展覧会を通して、直接触れること・見ることのできないフランスのコンテンポラリーアートからのメッセージを感じ取ってみてください。
 

出展作家

ジャン=リュック・ヴィルムート(国立パリ高等美術学校教授、元ヴィラ九条山招聘作家)
ル・ジャンティ・ギャルソン(元ヴィラ九条山招聘作家)
ジュリアン・シニョレ
クレモンス・ルノー
ジョフォワ・サンシェス
糟谷恭子
西村麻美

《キュレーター》糟谷恭子&西村麻美


CHECK POINT

関連イベント

オープニングレセプション


日時:2013年8月24日(土)18:30~
※参加無料
※当日はキュレーターが来場します。

展覧会ガイドツアー


日時:2013年8月25日(日)、31日(土)、9月1日(日)各日11:00~、14:00~
※参加無料

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗