1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都府立堂本印象美術館
  5. 印象作品の表裏-本画と下絵-

印象作品の表裏-本画と下絵-

2009/12/04 ~ 2010/03/07


【京都府立堂本印象美術館】

京都府立堂本印象美術館





伝統的な日本の絵画では、ひとつの作品が制作されるまでに、その基盤となるたくさんの素描と下絵が繰り返し描かれます。
対象の形や動きを生き生きと捉えた素描。画面構成やモチーフを整える草稿や小下絵、完成作と同じ大きさで描かれ最終稿となる大下絵。下絵と一口に言っても様々な種類があります。

これらは、画家が作品の構想を決定していく過程で、画家自身のために描かれるものであり、本来人に見せるためのものではありません。
しかし、素描や下絵には作品が完成されるまでの間に行われた画家の取り組みが表れており、かえって見る者に新鮮な感動を与えます。

今回の「印象作品の表裏―本画と下絵ー」では、堂本印象の最も有名な作品のひとつである『木華開耶媛』(このはなさくやひめ/1929年)や『實』(1930年)といった具象的なモチーフの作品から、抽象作品まで、印象の代表作の数々を素描や下絵とともに紹介します。
完成した作品と、それに至るまでに描かれた素描と下絵。双方を併せて見ることで、片方だけでは得られない発見をすることが出来る展覧会です。















 
『メトロ』(1953、紙本着色/本画)   『メトロ』(下絵)

CHECK POINT

関連講座:土曜美術茶論(サロン)

学芸員さんや専門の先生のお話で、展覧会をより楽しむことができる、関連講座企画。
美術館の隣、堂本印象が実際に暮らしていた住居でもある別館で開催されます。

【イベント概要】
「下絵の魅力-日本画が出来るまで」
開催日:12月12日(土)
講師:島田 康寬(堂本印象美術館館長代理)

時間:10:30~12:00
場所:堂本印象美術館 別館 和室
定員:30名(事前申し込みは不要。当日・先着順の受付です)
参加費:無料


ミニ企画:「印象による印象美術館構想」

展覧会と併せて開催されるミニ企画展。
今回は、堂本印象美術館の構想スケッチを展示します。


堂本印象美術館は、1966年に堂本印象自身のデザインによって建設されました。
美術館を建てるにあたって残された多くのスケッチからは、建物の外観はもちろんドアノブや椅子、案内板など内装の細部に至るまで自身の理想の形を追い求めた、印象の熱意がひしひしと伝わってきます。
建物そのものが印象の世界観を表現した「作品」である、堂本印象美術館。
自身最大の、そして集大成ともいえるこの美術館にかけた堂本印象の思いをスケッチから味わってみてください。


自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗