1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都国立近代美術館
  5. あの時みんな熱かった!アンフォルメルと日本の美術

あの時みんな熱かった!アンフォルメルと日本の美術

2016/07/29 ~ 2016/09/11


【京都国立近代美術館】

京都国立近代美術館

【作品画像】
(1)白髪一雄「天暗星青面獣」1960年 兵庫県立美術館(山村コレクション)
(2)河井次郎「打薬扁壺」1962年 京都国立近代美術館
(3)岡本太郎「燃える人」1955年 東京国立近代美術館
(4)勅使河原蒼風「樹獣」1957年 一般財団法人草月会(撮影:内田芳孝)
(5)岩田重義「WORK-139」1963年 京都国立近代美術館


国民と国土が深く傷ついた第二次世界大戦の終戦から約10年が経った1956(昭和31年)。「もはや戦後ではない」が流行語となり、日本は敗戦の痛手から立ち直り高度経済成長の時代へと向かっていました。そんな時期に欧米の最新美術作品群「アンフォルメル」が日本に上陸しました。

「アンフォルメル」とはフランス語で「未定形の美術」を意味し、パリで活躍する美術評論家ミシェル・タビエがセレクトし名づけたものです。作者の行為(アクション)の痕跡や鮮烈な色彩、素材そのものの生々しい物質感を強調した斬新な表現は、日本の美術家たちに大きな衝撃を与えました。そして以後数年にわたり、洋画や彫刻のみならず、日本画や陶芸、生け花といった日本の伝統的な表現ジャンルに至るまで、アンフォルメル風の“熱い”表現が爆発的に流行しました。そのすさまじさは、当時のメディアで「アンフォルメル旋風」「アンフォルメル・ショック」「アンフォルメル台風」とまで形容されたことからもうかがい知ることができます。

今回の展覧会では、そんな日本の美術史上例を見ないこの現象を、堂本印象、岡本太郎、河井寛次郎など日本人作家による作品に海外作品を加えた、約100点の作品で紹介します。
作品を通し、単にアンフォルメルの様式的影響や類似点、共通点を見るだけでなく、アンフォルメル上陸以前の作品を含め、当時ジャンルも世代も超えて多くの美術家たちが“熱い”表現を意識した理由、そして日本の戦後美術においてアンフォルメルが果たした役割を考えます。


CHECK POINT

【関連イベント】記念講演会「異言としての絵画/文法を欠いた普遍言語(仮題)」

日時:2016年8月6日(土)14:00~15:30
講師:岡崎乾二郎氏(造形作家)
会場:京都国立近代美術館 1階講堂
※参加無料・事前申込不要(定員100名/先着順受付)
※当日13:00より1階インフォメーションにて整理券を配布します。

【関連イベント】ギャラリー・トーク

日時:2016年8月14日(日)、9月4日(日)13:00~13:30
講師:平井章一氏(京都国立近代美術館主任研究員・本展企画者)
会場:京都国立近代美術館 3階企画展示室
※参加無料・事前申込不要(ただし展覧会の観覧券が必要です)
※開始10分前までに1階インフォメーションにお集まりください。

【関連イベント】NFC所蔵作品選集 MoMAK Films 2016「岡本太郎特集」(仮)

アンフォルメルの影響を受けた作家の一人である、岡本太郎に関する映像作品を上映します。
※詳細は京都国立近代美術館のホームページをご確認ください。

日時:2016年9月10日(土)、11日(日)14:00~
会場:京都国立近代美術館 1階講堂
料金:1プログラム 520円(当日券のみ)

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗