1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都芸術センター
  5. NEW INCUBATION7 「パラレルワールド または私は如何にして世界を愛するようになったか」

NEW INCUBATION7 「パラレルワールド または私は如何にして世界を愛するようになったか」

2015/09/09 ~ 2015/10/18


【京都芸術センター】

京都芸術センター

EUGENE KANGAWA 《SANSUI》 2014/15 Super 35mm digital black and white film, 2 channel continuous projections - with sound 17 mins, Dimensions variable. sound Marihiko Hara
PIERRE JEAN GILOUX 《Invisible Cities # Part 1 # Metabolism》 2015 Films Video HD, Sound, Photographs, Virtual Images,11mins Courtesy the artist and Solang Production Paris Brussels


ある共通テーマのもとに選ばれたベテラン作家と若手作家が向き合い、互いに触発し合うことで現代美術を様々な角度から捉え見通す企画展の第7弾。今回は、近年目覚しい活躍を見せているEUGENE KANGAWA(カンガワ・ユウジン)と、日本での活動を広げつつあるPIERRE JEAN GILOUX(ピエール=ジャン・ジルー)の、2名の映像作家を紹介します。

2人は、個人の内面ではなく外的事象を制作の出発点とし、異なる領域との協業や、アートと社会の境界を越えた活動に積極的に関与してきました。しかし、対象へ関わる態度や、アーティストとしての主体性のあり方は対照的です。
冷静なまなざしで世界を捉え、脚本あるいは設定のみをつくりだすような「最小限の介入」によって純度の高い作品を結実させるKANGAWA。それに対しGILOUXは、自らのつくりだすCGの虚構に幻惑されているかのようにイメージに対して「最大限の介入」を行い、想像力とユーモアにあふれたヴィジョンを創り出します。

今回の展覧会では、それぞれの視点から現代の風景を描きだした映像作品を展示します。
両者の映像作品からは、それぞれがどのように世界を見、どのように理解し、再構成したのかが浮かび上がってきます。KANGAWAの作品は、自然風景が現実以上の強度で切り取られ、秩序正しく作りこまれており、むしろフィクションに接近していっているように見えます。一方、GILOUXがデジタル画像処理によって再構築した虚構の都市は、生物のように有機的に変容していく現実の都市の姿を神秘的に表現しています。
それぞれの手法で制作された作品は、互いに鋭いコントラストを成しながらも、創作と実写が反転しながら接続される関係にあるように思えます。また、いずれの画像もどこか予兆的で、現代の世界に対するカウンターイメージとしても機能しています。

KANGAWAとGILOUX、2人の作品に垣間見える2人の世界観のパラレルな関係。
関連企画でパラレルに開催される、2人の手による期間限定の“特別な”インスタレーション。
そして、両作家の目を通して見る世界と私たちが体験する並行関係。
この展覧会ではそんな異なるレベルの「パラレルワールド」が重層的に展開します。

2人のハイクオリティーな映像作品を、この機会にぜひご覧ください。


CHECK POINT

【関連イベント】パラレルイベント:ニュイ・ブランシュKYOTO2015関連企画

10月3日(土)に開催されるアートイベント「ニュイ・ブランシュKYOTO」の関連企画として出展作家2名によるスペシャルインスタレーション展を開催します。
この日だけ楽しめる特別な作品を、ぜひご覧ください。

※イベントの詳細については、公式ページをご確認ください。

EUGENE KANGAWA


【Special Installation】
日時:10月3日(土)18:00~22:00
     4日(日)10:00~13:00/18:00~22:00
     5日(月)10:00~17:00
会場:京都芸術センターフリースペース

PIERRE JEAN GILOUX


【Film Screening】
日時:10月3日(土)夕刻
会場:京都国際マンガミュージアム

【Special Installation】
日時:10月3日(土)~9日(金)10:00~20:00
※10月3日(土)のみ~22:00まで延長開廊
会場:京都芸術センター 和室「明倫」

作家プロフィール

Eugene Kangawa(カンガワ・ユウジン)

1989年アメリカ生まれ。現代アーティスト・映像作家。
デザインを専攻後、リサーチをベースに、スクリプトや設定に重点を置いたフィルム、インスタレーションなどを手がける。特に、実写映像やファウンド・フッテージを用いた美しくもミニマルな表現は気鋭の若手作家として高い評価を受け、2013 年にはサーペンタインギャラリー(ロンドン)のプロジェクトに参加。また、2011 年より手がけた二つの作品 《from the future》(2011 -) と《After the War》(2011-) が、世界的な音楽家であるTerry Rileyの共感を呼び協業を行う(2014、東京)。
この他にも、都市計画や特許研究、人工知能や教育の研究などに携わるなど、ダイナミックな活動が新たなアーティストとして世界的な注目を集めている。
これらの活動はすべて、アーティストにとっては映像作品と並列のコンセプチュアルな作品であり、KANGAWAを擁するON(株式会社オブジェクト・オブ・ヌル)も、彼の活動を最大化する組織として様々な領域から評価を受けている。

http://eugene-kangawa.com/
http://supervision-project.com/
 

Pierre Jean Giloux(ピエール=ジャン・ジルー)

アーティスト・映画監督。
リヨン国立美術学院(フランス)で学んだ後、チェルトナム美術大学(イギリス)とマルセイユ=リュミニー美術学院で学ぶ。当初は写真作品を中心に制作していたが、現在は映像作品を主体としています。
ピエール=ジャンの作品は、新しいテクノロジーに関するリサーチの結果として発表される。特に、写真、映像、CG の間の関連性や混成形に関心があり、美術や建築の文脈を参照しながら、ポップ・カルチャーやマスメディアの情報をつなぎ合わせた独自の言語をつくりだす。なかでも、5 つの短編映像により構成されるシリーズ“Commercial Fragmentations”(2009 年)は高く評価されている。
最近では、“BEYOND THE SOUND” 展(2015年、香港)、“Wabi Sabi Shima” 展(2015 年、ブリュッセル)に出品。日本では、『黄金町バザール2013』(2013 年、横浜)、『No Man’ s Land』展(2010 年、東京)に参加。インスタレーションや映像作品をポンピドゥー・センター(パリ)、MAC/VAL(ヴィトリー=シュル=セーヌ、フランス)、バス・ノルマンディー地方現代アートセンター(カーン、フランス)、イヴリー現代アートセンター[CREDAC](イヴリー=シュル=セーヌ、フランス)ほか、様々な国際的アートフェスティバルで発表している。

http://pierrejeangiloux.com/


自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗