1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都芸術センター
  5. 新incubation5 生田丹代子×佐々木友恵「時代(とき)をかさねる ―心と技―」

新incubation5 生田丹代子×佐々木友恵「時代(とき)をかさねる ―心と技―」

2013/11/22 ~ 2013/12/26


【京都芸術センター】

京都芸術センター

【作品画像】
(1)生田丹代子「空-17」2011年
(2)佐々木友恵「沈黙の解凍」2010年 撮影:金城秦哲


ベテラン作家と若手作家が向き合い、互いに触発し合うことで現代美術を様々な角度から捉え見通す企画「新incubation」。
5回目の開催となる今回は、素材に秘められた可能性を探る2人の作家、生田丹代子と佐々木友恵の作品をご紹介します。

作家として十分なキャリアを持つ生田丹代子は、1980年台から一環してガラス素材を用いた造形作品を制作し続けています。
心に浮かんだ音や光のかたちといった形のないものから自由なイメージを呼び起こし、厚さ僅か5mmの薄くて脆い板ガラスを少しずつずらして重ね合わせることで量感のある作品を作り出しています。ガラスの造形物は光の反射と屈折の違いにより、さまざまに表情を変化させます。

一方、若手作家として出展する佐々木友恵は、2004年より京都市立芸術大学にて漆工技法を学び、平面だけでなく彫刻、インスタレーション、パフォーマンスなどあらゆる形態の作品を意欲的に制作・発表してきました。
彼女は幼少期の記憶イメージをモチーフに、憤りや不安、希望、喜びなどさまざまな感情を、漆を画面に幾重にも塗り重ねることで描きだします。漆が生み出す漆黒の艶やかな画面は、その向こうにこちらとは別の空間が存在するかのような奥行きすら感じさせます。

ガラスは自然風景や現代社会に向けられた生田のまなざしを、漆は佐々木の記憶や感情を、それぞれ具現し形作ることで、自分たちを取り巻く環境やそれにより引き起こされる感情をみる者に問いかけます。

硬質なガラスと柔らかな漆。光を通すもの、吸収するもの。相反する二つの素材。
素材と丁寧に向き合うことは、生田と佐々木それぞれの心に浮かんだイメージを具現化させるために欠かせない作業といえます。
対極ともいえる二つの素材を重ね、そしてときを重ねた2人の作家による展覧会を、この機会にぜひご高覧ください。


CHECK POINT

【関連イベント】アーティスト・トーク/対談

アーティスト・トーク


生田丹代子と佐々木友恵、出展作家2人によるトークイベントです。

日時:2013年11月22日(土)16:00~17:30
会場:京都芸術センター ミーティングルーム2
※参加無料・申込不要

対談「素材へのまなざし」


出展作家2人に、京都を拠点に主に伝統工芸に関する執筆活動を行っているライター・米原有二を交えた対談イベントです。
日時:2013年12月21日(土)15:00~16:30
会場:京都藝術センター ミーティングルーム2
※参加無料・申込不要

作家プロフィール

生田丹代子(いくた・によこ)


1953年京都府生まれ。1976年京都薬科大学卒。
1980年代から薄い板ガラスを積み重ねて、有機的または幾何学的な造形作品を作り始める。変幻自在に繰り広げられる光のグラデーションは、見る角度によって様々に作品の表情を変化させる。
活動初期より定期的にギャラリーでの個展や海外のアートフェアへの出品活動を行う。
1990年京都市芸術新人賞受賞。

佐々木友恵(ささき・ともえ)


1983年埼玉県生まれ。2009年京都市立芸術大学院美術研究科漆工専攻修士課程修了。
平面作品や立体作品に漆を用いることで、漆の表現の多様性・可能性を探る。漆を塗り重ねては研ぐという作業を何度も繰り返すことで、艶のある画面を生み出す。どこかノスタルジックな作品は、佐々木自身の「記憶」や「痕跡」をテーマに制作している。

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗