1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都大学総合博物館
  5. 御土居絵図デジタルコンテンツ完成記念展覧会 「いま、御土居がよみがえる」

御土居絵図デジタルコンテンツ完成記念展覧会 「いま、御土居がよみがえる」

2010/02/06 ~ 2010/03/14


【京都大学総合博物館】

京都大学総合博物館

高さ3m程、全長は約23kmに及ぶ大規模で分厚い土の壁、「御土居(おどい)」。

これは豊臣秀吉によって築造され、約250年もの間、京都の町を囲んでいました。御土居には竹が植えられていたといわれ、それが事実だとすると、御土居は倍ほどの高さだったことになります。京都に住む人々、そして、京都を訪れる人たちに、その高い壁はどのように見えていたことでしょう。

しかしその御土居も、明治に入ってから破壊が進んだために、今ではごくわずかしかその姿は残されておらず、私たちの記憶からは、ほとんど消えてしまいつつあります。

京都大学総合博物館では、文化庁の支援の元、同大学工学研究科で開発された最新デジタル・スキャン技術を用い、デジタル空間にこの御土居を蘇らせました。
この展覧会はそのコンテンツの完成を記念し、京都市埋蔵文化財研究所・京都女子大学との協力で開催されるものです。
展覧会では今回完成したデジタルコンテンツの展示のほか、京都大学総合博物館の所蔵している「御土居絵図」をはじめとした関連資料を併せて展示します。

時間のかなたに忘れられた、知られざる京都の歴史。最新の技術で蘇った御土居の姿を通して、思いを馳せてみては如何でしょうか。


CHECK POINT

「御土居」とは一体何?展覧会がよくわかる記念講演会も開催!

展覧会の開催を記念して、講演会が開催されます。
「御土居」とそれを作った豊臣秀吉の関係、時と共に忘れ去られたその理由を考えます。

日時:2010年2月6日(土) 13:00~16:00
会場:京都大学総合博物館 ミューズラボ

「御土居と朝鮮出兵」講師:藤井 譲治(京都大学文学研究科教授)

「幕末の御土居」講師:岩崎 奈緒子(京都大学総合博物館教授)


現代の最新技術で古の京都の姿が復活!

豊臣秀吉の京都改造計画のひとつだった「御土居」。よく洛中・洛外ということばを耳にすることがありますが、京都をぐるりと囲んでいたこの御土居は、その洛中(都市部)と洛外(郊外)を分ける意味ももっていたといいます。現在では、北野天満宮の梅苑や、鷹峯(光悦寺などのある地区)など、主に京都市の北部にその遺構が残っていますが、あくまで一部。全体像はいまや見ることはできません。

今回は、最新のデジタル技術によって、その御土居のかつての姿―京都をぐるりと囲んでいたその様子が再現されています。タイムスリップ気分で、知られざる京都の歴史に思いを馳せてみては如何でしょう?

【御土居ビューア】
京都大学総合博物館所蔵の「御土居絵図」(全7巻)は、御土居が造られて約100年後、江戸時代に描かれたもの。
これをデジタル合成し、江戸時代・元禄期の御土居の全体像を高精細画像で再現したデジタルコンテンツが「御土居ビューア」です。
再現された御土居は、江戸時代と現代の両方の地図に重ねて表示出来、拡大縮小も自由自在。解説文や画像資料とも併せて、昔と今の京都を比べながら見ることができます

【3DCG解説ムービー】
御土居のなりたちから現在京都に残っている御土居の様子まで、CGと実写映像で紹介。
3D仕様なので、ただ資料を眺めるよりもぐっとわかりやすく、御土居の歴史や構造などを学ぶことが出来ます。


自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗