1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都文化博物館
  5. 「古典の日」記念 いけばな -歴史を彩る日本の美-

「古典の日」記念 いけばな -歴史を彩る日本の美-

2009/10/03 ~ 2009/11/15


【京都文化博物館】

京都文化博物館

 

自然の草花や樹木を素材に表現される日本の伝統的造形美術、「いけばな」。
神仏に供えるための花、書院飾りの花、連歌会の花、七夕法楽の盛大な 花の展観、そして茶席の花。花は様々な用途や意味をもって生けられ、人々に親しまれてきました。

当初花は装飾の一部として認識されていましたが、次第に独立した一顧そして近世には「花道(華道)」として流儀が整えられ、いけばな文化は庶民層にも広範に普及しました。
近代以降は女性の教養としてとり上げられ、また海外においても 「IKEBANA」として知られています。

 

この展覧会では、後世の手本として大切に伝えられてきた室町時代以来の花伝書や立花図をはじめ、人々が花を楽しむ様子を描いた絵巻や浮世絵、屏風類、そしていけばなをさらに引き立てる花器の名品など、重要文化財を含めたいけばなに関連する多数の品々を展示。それらを通し、日本の多彩ないけばなの変遷を辿っていきます。

さらに、江戸時代の古書に記された伝統的ないけばなの型を復元展示するほか、大名の邸宅で立てられた大型の立花作品の様子をCGで再現するなど、多角的にいけばなの魅力を紹介。
また、会期中には現代の諸流による実際のいけばな作品も期間限定で展示されます。

その源流から成立過程、そして現代まで。
様々な切り口でいけばなの歴史を辿る、初の本格的な展覧会です。


CHECK POINT

いけばなの世界をより深く。---講演会&ギャラリートーク

【ギャラリートーク】
期間中、京都文化博物館の学芸員さんによるギャラリートークが開催されます。
実際に展示品を見ながら、解説を聞くことができます。

日時:
1)10月9日(金) 2)10月16日(金) 3)10月23日(金) 4)10月30日(金) 5)11月6日(金)
各日18:00~(約30分予定)
場所:展示室内
※ 事前のお申し込みは不要。当日ご入場の方が対象です。


【記念講演会「いけばなと日本文化」】
今回の展覧会の監修者である京都市美術館館長・村田康彦先生による、記念講演会です。

日時:10月17日(土) 10:30~12:00
場所:3階 映像ホール
講師:村田 康彦 氏(国際日本文化研究センター名誉教授・京都市美術館館長)
参加費:無料(展覧会の入場券(半券OK)が必要です)
定員:100名(事前申し込み制/先着順)
※ こちらは事前申し込み制/先着順となります。
  参加をご希望の方は、往復はがきに
  住所・氏名(返信面にもご記入下さい)・電話番号を明記の上、
  京都文化博物館内「特別展 いけばな」係までお送り下さい。
  なお、参加者一名様につき、一枚のハガキでお申し込み下さい。

もちろん、実際のいけばなも展示。現代の華道家の力作をご覧有れ。

「いけばな」は現在も愛好者が数多い、「現代のアート」のひとつでもあります。
そこで、展覧会では日本いけばな芸術協会の協力により、展示品だけでなく、現代の各流派による実際のいけばな作品も展示されます。
期間毎に異なる流派の華道家による作品が登場しますので、それぞれの違いを楽しんでみては如何でしょうか。

【特別展示スケジュール】
■ 10月3日(土)、4日(日) 遠州:芦田一馬氏/小原流:難波佳代子氏

■ 10月10日(土)~12日(月・祝) 草月流:矢部桂萩氏/嵯峨御流:長谷川喜洲氏

■ 10月16日(金)~18日(日) 御室流:川井宏雄氏/京都未生流:松本司氏

■ 10月23日(金)~25日(日) 松月堂古流:植松賞月氏/専慶流:西阪専慶氏

■ 10月31日(土)~11月3日(火・祝)  未生流:肥原碩甫氏/未生流中山文甫会:中山景甫氏

■ 11月6日(金)~8日(日)   桑原専慶流:桑原仙溪氏/都未生流:大津光章氏

■ 11月13日(金)~15日(日) 池坊:伊藤雅夫氏/池坊:野田唐峯氏

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗