井田照一の版画

2012/05/22 ~ 2012/06/24


【京都国立近代美術館】

京都国立近代美術館



京都に制作拠点を置き続けながら、国内外の膨大な数の展覧会やプロジェクトに驚異的密度で取り組み続けてきた井田照一(1941-2006)。
彼は作家活動の全期間を通し、優れた版画作品を数多く制作しました。
この展覧会は、2011年秋にご遺族から約300点を寄贈された井田の版画作品のご紹介を第一の目的としています。

昭和40年代の日本の現代版画の展開と深化、国際的同時代性を獲得していく過程を語る上で、井田照一は欠かすことのできない重要な「現代版画家」のひとりです。
とりわけ、昭和50年頃の彼の作品の変化、それ以降の版画との乖離は、日本の現代版画を考える上で、とても重要な意味を持っています。


井田照一は京都市立美術大学西洋画科の在学中に独学で石版画の技法を学び、当時の美術動向に反発するかのような、非身体的でクールで知的な版画表現を発表しました。彼の版画はすぐさま注目を集め、東京国際版画ビエンナーレ(1968・70年)に連続して招待出品されています。
しかし1969-70年の間にフランスとニューヨークに滞在した後の井田は、日本の現代版画の熱狂とは距離を保ち、版画の限界を自己検証するかのような実験的な作品を多数試みています。

80年代に一般化するインスタレーションを先取りするかのような作品、2枚の版だけで46点もの異なるイメージを刷りだした作品...それは、常套的な「版画」のイメージではなく、むしろ写真や映像表現における「表象/再現」を求める意味を含んでいます。
これは、「版画とは何か?」にこだわり続ける当時の日本の現代版画への、井田からの解答と決別だったのかもしれません。

この展覧会では、日本の現代版画の隆盛とともに歩んだ初期の作品から、昭和50年前後から一貫して制作が続けられた代表作《Surface is the Between(表面とは間である)》のシリーズ、そして命を削りながら制作したエッチングの大作まで、井田照一の版画作品約160点をご紹介します。

美術家・井田照一の版画による業績と、彼が保ち続けた時代との「間合い」の行方を、作品を通じて明らかにします。

同時開催

「井田照一 版の思考・間の思索」(京都市美術館/~2012/6/17)
こちらでは、版画作品以外の、ペーパーワーク・セラミック・ブロンズなどの作品も展示されています。
併せてご覧頂くと、より井田照一の作品世界を楽しめます。

CHECK POINT

【関連イベント】記念講演会「井田照一を語る」

日時:2012年6月2日(土) 14:00~15:30
講師:乾 由明(美術評論家)
会場:京都国立近代美術館 1階 講堂
定員:100名(予約不要)
※当日、11:00より受付にて整理券が配布されます。

【関連イベント】MoMAK Films @home:日本の映画ポスター展特集1 「ATGと外国映画」

京都で東京国立近代美術館フィルムセンター(NFC)所蔵の映画作品が鑑賞できる、「MoMAK Films」。
今回は、世界のアート・シネマ普及を強化させるべく、全国の中小映画館10館の連合組織で1962年に発足した、日本アート・シアター・ギルド(ATG)の配給で公開された外国映画をご紹介します。

日時:6月23日(土)・24日(日)14:00~18:00(13:30開場)
会場:京都国立近代美術館1階 講堂
料金:1プログラム500円
主催:京都国立近代美術館、東京国立近代美術館フィルムセンター
定員:100席(先着/予約不要)

上映作品:「尼僧ヨアンナ」(1961・ポーランド)/「大地のうた」(1955・インド)/「大人は判ってくれない」(1959・フランス)/「アルファヴィル」(1966・フランス)

※当日に限り、チケット半券でコレクション・ギャラリーもご覧頂けます。
※プログラムの詳細については京都国立近代美術館のホームページをご確認ください。 →こちら

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗