1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 小倉百人一首殿堂 時雨殿
  5. 百人一首と清少納言『枕草子』

百人一首と清少納言『枕草子』

2016/06/21 ~ 2016/08/21


【小倉百人一首殿堂 時雨殿】

小倉百人一首殿堂 時雨殿

日本最古の随筆『枕草子』の作者である清少納言は、『源氏物語』の作者・紫式部とともに平安中期を代表する女流文学者として知られています。また、和歌の名門に生まれた彼女は、父・清原元輔、曽祖父・清原深養父とともに百人一首にも選ばれており、「夜をこめて 鳥のそら音ははかるとも よに逢坂の関は許さじ」という漢学の素養を発揮した和歌を残しています。

今回は、『枕草子』誕生の歴史的背景や作者の秘められた思いを探るとともに、清少納言の和歌や歌仙絵、当時の装束、そして紫式部との関係などの視点から、清少納言の魅力や素顔に迫ります。
 

【展覧会監修】山本淳子

平安朝文学研究者、京都学園大学人文学部歴史文化学科教授。金沢市生まれ。京都大学博士(人間・環境学)。『源氏物語の時代-一条天皇と后たちのものがたり』(朝日新聞社・2007年)にてサントリー学芸賞(芸術・文学部門)を受賞。著作はほかに『紫式部集論』(和泉書院・2005年)、林真理子氏との共著『誰も教えてくれなかった「源氏物語」本当の面白さ』(小学館・2008年)、『私が源氏物語を書いたわけ』(角川学芸出版・2011年)、『平安人の心で「源氏物語」を読む』(朝日新聞出版・2014年)など。


CHECK POINT

【関連講演会】渡邊あゆみアナウンサーが詠む『枕草子』~研ぎ澄まされた感性に触れる~

NHK歴史番組「歴史秘話ヒストリア」で長年案内人を務めてきた渡邊あゆみアナウンサーによる朗読会です。朗読会の後にはトークセッションを開催。『枕草子』誕生の歴史的背景や、清少納言が語らなかった秘密をお話しいただきます。

日時:2016年7月30日(土)13:30~15:00
内容:《第1部》『枕草子』(第一段「春はあけぼの」ほか)朗読/《第2部》トークセッション
出演:渡邊あゆみ氏(朗読者・パネリスト/NHKエグゼクティブアナウンサー)
   山本淳子氏(展覧会監修・パネリスト/京都学園大学教授)
   吉海直人氏(コーディネータ/同志社女子大学教授・時雨殿館長)
会場:小倉百人一首殿堂 時雨殿 2階 大広間
定員:80名(先着順・要申込)
料金:一般 2,000円/京都商工会議所会員 1,000円(別途入館料が必要です)/時雨殿賛助会員・友の会会員 無料

※申し込みはFAX、メール、郵送、またはホームページ内のフォームよりお申し込みください。
※参加証はお送りしません。当日会場までお越しください。

【関連イベント】十二単着装実演と投扇興体験

平安時代の代表的な衣装である「十二単」の着装を実演解説します。
また、清少納言や紫式部の歌を含む百人一首形式による投扇興を実際に体験し、華やかで雅な世界が味わえます。

日時:2016年7月16日(土)13:30~15:30
内容:【1】十二単着装実演 講師:岡本和彦氏(元宮内庁首席主殿長)
   【2】投扇興の解説・体験 講師:小林粹扇氏(投壺•投扇興都御流家元)
定員:30名(先着順・要申込)
料金:無料(別途入館料が必要です)

※申し込みはFAX、メール、郵送、またはホームページ内のフォームよりお申し込みください。
※参加証はお送りしません。当日会場までお越しください。

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗