1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 小倉百人一首殿堂 時雨殿
  5. 企画展「百人一首の時代のファッション」

企画展「百人一首の時代のファッション」

2013/09/25 ~ 2013/12/25


【小倉百人一首殿堂 時雨殿】

小倉百人一首殿堂 時雨殿

【作品画像】(1)公家女房裙帯比礼の物具装束(復元)(2)公卿束帯(復元)

百人一首は、飛鳥時代から鎌倉時代に活躍した歌人の秀歌撰です。
歌人たちはそれぞれが生きた時代の文化や風俗の中で生活し、心に浮かぶさまざまな感情を31文字の和歌にしたためました。

そんな歌人たちが生きた時代の特色を考える素材として、衣裳が挙げられます。
「衣食住」と呼ばれるように、衣裳は私たちが生きる上で不可欠のものであり、さらに個性や流行を表現する「ファッション」として創意工夫が重ねられてきました。

今回の企画展では、『源氏物語』の場面を1/4のサイズで精巧に復元した展示で知られる風俗博物館の膨大なコレクションから、百人一首の歌人たちが生きた時代の衣裳(復元)や江戸時代の貴族の装身具、遊具や芸道にまつわる品々を展示し、そこに込められた人々の美意識に迫ります。


CHECK POINT

【関連イベント】体感!百人一首の時代の衣裳と音楽~王朝びとの文化を楽しむ~

衣裳と音楽の2つの観点から、百人一首の世界を体験するイベントです。
王朝びとも愛でた錦秋の嵐山で、平安時代の優雅な文化をお楽しみください。

日時:2013年11月30日(土)13:30~16:30(13:00受付開始)

会場:小倉百人一首殿堂「時雨殿」2階大広間
定員:80名(先着順)
料金:一般 4,500円(入館料等含む/時雨殿の賛助会員・友の会会員の方は3,500円)
※会員の方は当日会員証をご提示ください。
※事前申込制のイベントです。申込については下記をご確認ください。

申込方法


申込は施設まで直接お問い合わせいただくか、イベントの詳細ページにある申込フォームからお申込みください。

プログラム


十二単や束帯のイメージが強い百人一首の歌人たちですが、百人一首に歌が収録されている歌人が活躍した時代は、飛鳥時代から鎌倉時代まで約600年にも及び、各時代で衣裳は異なります。
講演会と実演でその基本を紹介します。

【1】 講演会「百人一首の絵札にみる装束~歌人たちは何を着ていたのか~」13:30~14:15
講師:河上 繁樹氏(関西学院大学教授)

【2】百人一首の時代の衣裳の着装実演 14:20~15:30
風俗博物館の協力のもとで行う、百人一首の時代の衣裳(復元)の着装実演です。
十二単以外の衣裳の着装実演を見られる貴重な機会です。

【3】舞楽公演 15:45~16:30
王朝びとを魅了した舞楽は、音楽と舞だけでなく華麗な装束でも知られる、現代も続く総合芸術です。
今回は舞楽の楽器や演目を解説しながらその魅力に迫ります。

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗