1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 住友コレクション 泉屋博古館
  5. 特別展「百花のさきがけ 梅の美術」

特別展「百花のさきがけ 梅の美術」

2014/03/08 ~ 2014/05/06


【住友コレクション 泉屋博古館】

住友コレクション 泉屋博古館

【作品画像】(1)雪中遊兎図 (泉屋博古館蔵) (2)螺鈿蒔絵梅文合子(大和文華館蔵) (3)梅月双清図(泉屋博古館蔵)

まだ寒い時期に、ひときわ薫り高く清楚な花をつける梅。
とりわけ、中国にはじまる東アジアの歴史のなかで身近な花木として愛されてきました。
百花にさきがけて咲く姿は、再生や延命という吉祥の象徴とみなされ、また厳しい環境にも耐える姿は、高潔を保つ文人の理想の姿ともされました。さらに咲き競う艶麗な姿は、愛の交歓や美女の象徴にもなるなど、人々は梅の花や枝ぶりや果実にまで、様々な想いや理想を託してきました。

こうした豊かなイメージを反映して、美術作品の中にも様々な形で梅が表現されています。
墨梅と呼ばれる墨一色で清廉に描かれた梅、月明かりに照らされて妖艶な姿を見せる梅、端麗な色合いで春の訪れを予感させる紅白の梅、さらには花瓶、皿、文房具などをさりげなく飾る梅やデザインとして意匠化された梅など、その姿は大変変化に富んでいます。

今回の展覧会では、兵庫県西宮にある黒川古文化研究所と、奈良県の大和文華館との連携により、中国や朝鮮、日本の梅にまつわる書画工芸を一堂に展示します。
人々が様々な想いを寄せた豊穣な梅の世界をお楽しみください。

※会期中、一部展示替がございます。
 

三館連携企画「松竹梅展」

今回は兵庫県西宮にある黒川古文化研究所(松)と、奈良県の大和文華館(竹)、そして泉屋博古館(梅)の三館連携企画の一環として開催される展覧会となっています。東洋の古美術を所蔵する三館の学芸員が、松、竹、梅をテーマにリレー式展覧会を共同企画しました。綿密な事前調査により、各々の展覧会に、各館の優れた関連品が集結します。
また、会期中にはスタンプラリーや特別割引企画も実施します。


CHECK POINT

【関連企画】館内イベント ゲストキュレーター・トーク/列品解説

ゲストキュレーター・トーク


「松・竹・梅」展連携館の学芸員による列品解説です。
日時:【1】3月22日(土)瀧 朝子氏(大和文華館学芸員)
   【2】4月26日(土)竹浪 遠氏(黒川古文化研究所研究員)
  各日 14:00~
会場:展示室内
※参加無料・事前申込不要

列品解説「梅の美術」


泉屋博古館の学芸員による列品解説です。
日時:3月29日(土)、4月12日(土) 14:00~
会場:展示室内
※参加無料・事前申込不要

3館連携企画「松・竹・梅」展

今回の展覧会はは兵庫県西宮にある黒川古文化研究所(松)と、奈良県の大和文華館(竹)、そして泉屋博古館(梅)の三館連携企画の一環として開催されます。

入館料特別割引


期間中、「松・竹・梅」展のいずれかにご来場のお客様には、入館料の特別割引がございます。
・「梅の美術」展(泉屋博古館)のチケット提示で、他2館は割引となります。
・「竹の美」(大和文華館)、「松-美と徳の造形-」(黒川古文化研究所)では、特別割引券を配布しております。詳細は施設にてお問い合わせください。


実施期間:2014年2月21日(金)~5月18日(日)
※展覧会により会期が異なります。予めご確認ください。
「竹の美」(大和文華館)2月21日(金)~3月30日(日)
「百花のさきがけ 梅の美術」(泉屋博古館)3月8日(土)~5月6日(月・祝)
「松-美と徳の造形-」(黒川古文化研究所)4月19日(土)~5月18日(日)

スタンプラリー


期間中、「松・竹・梅」展をめぐるスタンプラリー企画を開催。
大和文華館・泉屋博古館で連携展をめぐるスタンプラリーシートをお渡しします。
「竹の美」展、「百花のさきがけ 梅の美術」展、「松-美と徳の造形-」展の各展覧会会場全てのスタンプを集め、シートを泉屋博古館・黒川古文化研究所どちらかの会場受付にお渡しいただくと、引き換えにプレゼントセットをお渡しします。

※景品引き換え期限:5月18日(日)まで(各館の会期にご注意ください)

常設展「中国青銅器の時代」も開催中

特別展とあわせ、常設展「中国青銅器の時代」も開催しています。
毎日ミュージアムボランティアによる解説を行っているほか、下記日程にて学芸員による列品解説も行います。

■ 学芸員による列品解説(常設展)
日時:4月5日(土)、5月3日(土・祝)14:00~
会場:展示室
※参加無料・事前申込不要

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗