1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都芸術センター
  5. 夏休み企画展2015 『ハイパートニック・エイジ』

夏休み企画展2015 『ハイパートニック・エイジ』

2015/07/20 ~ 2015/08/30


【京都芸術センター】

京都芸術センター

多数の芸術大学が立地する京都では、若いアーティストが育ち、新しい表現が日々生み出されています。創作を続けることは、先の見えない不安と隣り合わせの道を歩むことでもあります。それでもなお、彼らが創り続けることを選ぶのは一体なぜでしょうか。

京都芸術センターの今回の夏休み展では、京都で活動する20代の若手作家4名を取り上げます。

一人目は、仮設壁やマスキングテープなどで壁面を覆い尽くす作品を制作している川田知志。彼がモチーフとするのは、ごみや草木、子どもが遊んだ後に散らかった紙くずなど、ふとした瞬間にあるそばにある小さな形体。それが川田の手で大きく拡大され、空間を支配します。
二人目は、ドローイングやインスタレーション作品など、幅広く活動を展開しているNAZE。彼の生み出す独自のキャラクターたちは、たくさんの目を持ち、木目や壁のしみが顔に見えた子どもの頃を思い起こさせる、周囲の世界への敏感な感性と想像力に基づいています。力強いタッチやグロテスクでユーモアのきいた作品世界は、唯一無二の存在感を放ちます。
三人目の前谷開は、セルフポートレートを軸とした写真作品を発表しています。自身の生活する古い日本家屋の床下に入ったことをきっかけに展開し始めた近作では、掘り下げた穴の中、暗闇に横たわる彼自身が写し出されています。その姿は、床下で見つかった猫の白骨と重なり、孤独やいつか訪れる死の予感を漂わせます。
四人目の薬師川千晴は、絵具を塗った紙を二つ折りにし開く描画手法「デカルコマニー」を応用し、絵画の可能性を模索しています。彼女は完成した作品に自作の矢を射ります。張り付いた紙をはがす瞬間、絵具が引き合う力を感じるという彼女にとって、デカルコマニーは一度ひとつになった素材を引き離す行為であり、そこに深く刺さった矢は刹那と傷みを伴います。

フレームに収まらない、彼らの独特の作品の裏には、鋭敏な感性と、つくることへの衝動や欲求といった、彼らを創作へと向かわせる必然が確かに存在しているように感じます。彼らが内に抱える創造性は、孤独や不安、葛藤といった困難さえも呑み込み、より強い表現となって現れてきます。

同調が求められがちな今の時代、子どものような鋭い感受性を持ちつづけ、表現していくことは、易しいことではないかもしれません。しかし、だからこそ、彼らの表現はより強いリアリティと説得力とをもって、私たちに迫ってくるのではないでしょうか。
表現を生み出す強い創造性は、たとえその存在を忘れてしまっていたとしても、すべての人の中に息づいているものかもしれません。

会期中にはアーティスト本人が作品を解説を行う機会やワークショップを予定しています。
この機会にぜひご高覧ください。


CHECK POINT

【関連イベント】ギャラリートーク

出展作家本人が行う作品解説イベントです。

日時:2015年7月20日(月・祝)16:00~
会場:京都芸術センター ギャラリー北・南(展示会場)
※解説はギャラリー南より開始します
※イベント終了後、18:00よりオープニングパーティーを開催します。

【関連イベント】フレスコ/テンペラ 体験ワークショップ

伝統的な絵画技法であるフレスコやテンペラを、絵の具作りから作品制作まで体験できるワークショップです。
講師は展覧会の出展作家が担当します。

※双方、汚れてもよい服装でご参加ください。

【1】フレスコ


講師:川田知志(出展作家)
日時:2015年8月1日(土)13:00~16:00
会場:京都芸術センター ワークショップルーム1
料金:500円(材料費)
定員:各回10名(要申込/小学校高学年以上対象)

【2】練り込みテンペラ


講師:薬師川千晴(出展作家)
日時:2015年8月2日(日)13:00~16:00
会場:京都芸術センター ワークショップルーム1
料金:500円(材料費)
定員:各回10名(要申込/小学校高学年以上対象)

《申込方法》
【1】、【2】いずれか参加希望の回を明記し、
京都芸術センターのWebサイト、またはお電話・FAX・メールにてお申込ください。

出展作家プロフィール

川田知志


1987年大阪府生まれ。2013年京都市立芸術大学大学院美術研究科絵画専攻修了。主な展覧会に、「Colors of KCUA 2012『ー通感ー』」(池田精堂との共同制作、京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA、2012)、「境谷小学校作品展」(京都市立境谷小学校、2014)、「京都銭湯芸術祭2015」(玉の湯、2015)ほか。

NAZE


1989年茨城県生まれ。ゴミや廃材などの収拾物、印刷物や写真など既存のモチーフに描くドローイング作品や、ゴミを即興で組み合わせて作る杖などを制作。個人での活動の他にcontact Gonzo、犯罪ボーイズといったアーティストユニットでも活動。

前谷開


1988年愛媛県生まれ。2013年京都造形芸術大学大学院修士課程修了。2013年写真新世紀佳作受賞。主な展覧会に「これからの、未来の途中ー美術・工芸・デザインの新鋭11人展」(京都工芸繊維大学美術工芸資料館、2015)、「Second Kiss」(YEBISU ART LABO、愛知、2014)など。

薬師川千晴


1989年滋賀県生まれ。2013年京都精華大学大学院芸術研究科博士前期課程芸術専攻卒業。2010年京展芝田記念賞受賞。主な展覧会に「絵画碑」(Gallery PARC、京都、2014)、「科学のあとに詩をかくこと」(gallery 16、京都、2013)ほか。

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗