1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都精華大学ギャラリーフロール
  5. ヒューマンライツ&リブ博物館-アートスケープ資料が語るハストリーズ

ヒューマンライツ&リブ博物館-アートスケープ資料が語るハストリーズ

2019/06/14 ~ 2019/07/12


【京都精華大学ギャラリーフロール】

京都精華大学ギャラリーフロール

1990年代初頭に、京都に設立された美術関係者によるシェアオフィス「アートスケープ」を拠点に、アートを通してエイズやセクシュアリティについて社会に訴える活動が盛り上がりました。「ハストリーHerstory」という言葉は、従来の「歴史History」が、多くの場合「彼his」の視点から語られてきたのに対し、「彼女her」の立場からも過去を語り直すべきだとの主張から1970年代に生まれた造語です。

この展覧会では、「ハストリー」を、誤用を恐れず広く捉え、既存の性を越境しようとする人々の物語として振り返ります。四半世紀前の「彼女たち」から発せられた声を通して、人権と人間性の解放(リベレーション)について考え直します。さらに、その活動に参加した美術家たちによる近年の創作をとりあげます。 また、本展には、森美術館で2018年度に行われた「MAMリサーチ006:クロニクル京都1990s:ダイアモンズ・アー・フォーエバー、アートスケープ、そして私は誰かと踊る」のための調査で明らかになった資料や内容も含まれています。この機会にぜひご高覧ください。
 

出品作家

小山田徹+香月/ブブ・ド・ラ・マドレーヌ/薮内美佐子/渡部睦子/ダイアモンズ・アー・フォーエバー/#そして私は誰かと踊る

※作家の詳細は公式HP等でご確認ください。


CHECK POINT

【関連イベント】ライブイベント「フロールに捧げる3つのエクスキー」

日時:2019年7月6日(土)18:30開場/19:00開演
会場:京都精華大学ギャラリーフロール※予約制

申し込み方法


氏名、電話番号、人数をご記載の上、件名を「ライブイベント申込」としてEmail(fleur*kyoto-seika.ac.jp)でお申込ください。(*を@に変えてください)

※会場の定員を超えた場合、および開演時間以降の入場はお断りする場合がございます。予めご了承ください。
※終演予定時刻(21:30頃)にはスクールバスの運行が終了しております。予めご注意ください。

プログラム内容



【1】ゴーダ企画 presents ゴシックモダン「妖花アルラウネ」
出演:合田有紀/野村香子/辻本佳
構成&演出:シモーヌ深雪

【2】DIAMONDS ARE FOREVER presents シャンソンライヴ「倒錯のギロチンシアター」
出演:シモーヌ深雪

【3】DIAMONDS ARE FOREVER presents LIVE「Decades~Like Si-Fi Magazine (re-make,re-mix)」
出演:山中透 (DJ LaLa)


自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗