1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 茶道資料館
  5. 裏千家15代家元 鵬雲斎千玄室の茶

裏千家15代家元 鵬雲斎千玄室の茶

2011/04/09 ~ 2011/09/19


【茶道資料館】

茶道資料館



「鳳凰蒔絵黒平棗 鵬雲斎好」11代中村宗哲作

裏千家の十五代家元(先代)である、茶道資料館館長・鵬雲斎千玄室大宗匠。

鵬雲斎千玄室は大正12年(1923)の、14代無限斎の嫡男として生まれ、祖父である13代円能斎より「政興」と名付けられました。
昭和24年 (1959)に大徳寺にて得度(僧侶となるための儀式。千家の茶道家元は必ずこれを行います)を受け、鵬雲斎玄秀宗興居士となり、翌年には若宗匠(正式な家元の後継者)となりました。そして、昭和39年(1964)、父・無限斎の逝去に伴い、裏千家15代家元を継承しました。

さて、鵬雲斎大宗匠は、国内はもとより海外への茶道普及活動を積極的に行っています。
その活動の原点は、太平洋戦争にあります。戦争時に海軍士官として特別攻撃隊員、すなわち「特攻隊」の一員となった彼は、多くの戦友たちの死と自分の生死の境目を目の当たりにしました。
敗戦後、ショックと虚脱感に襲われますが、その際に父・無限斎がアメリカの進駐軍の将校に毅然とした態度で茶を教えている姿を目にします。戦争に負けはしたが日本文化は負けてはいない、と文化の持つ力の強さを再認識した彼は、以後茶道をもって世界平和に貢献することを、生涯の目的としたのです。
この後、昭和26年(1951)に日本文化使節として初の渡米を果たし、48年(1973)から「一碗からピースフルネスを」の理念を提唱し、世界62ヶ国を歴訪、茶道文化の浸透・発展と世界平和の実現に向けた活動を展開しています。またさらに、海外への茶道普及の先駆けとなる多くの茶室を寄贈し、茶道の拠点作りをしてきました。長年のそうした努力に対し、平成9年(1997)には文化勲章が授与されました。
平成14年(2002)に16代坐忘斎に裏千家家元を譲った後も、日本文化の普及と世界平和の実現に向けて日本・国連親善大使、日本国 観光親善大使として、さらなる活動を展開しています。

この度の展覧会は、鵬雲斎大宗匠が4月19日に88歳の誕生日を迎えることを記念し、今日までの彼の自筆の掛物(書)や自作の茶碗、茶杓、好みの茶道具、絵画や美術工芸品などのコレクションを展示。鵬雲斎の足跡を紹介致します。
CHECK POINT

【関連イベント】記念講演会「茶道とともに」

展覧会にあわせ、鵬雲斎大宗匠自らによる講演会が開催されます。

日時:2011年4月30日(土) 13:30~15:00 13:00開場
定員120名、聴講無料(入館料のみでご聴講いただけます)
※事前申し込み制です。往復はがきに「郵便番号」「住所」「氏名」「電話番号」を明記し、資料館までお送りください。(はがき1枚に付き1名様の申し込みとなります。4月1日より先着順での受付です)

【関連イベント】茶道資料館 マリンバコンサート

展覧会にあわせ、美術館にてマリンバによるコンサートが開催されます。
当日は展覧会の開館時間も18:20まで延長。コンサート終演後も30分開館されますので、展覧会とコンサートを併せてお楽しみ下さい。

日時:2011年6月24日(金) 開場18:00・開演18:30~(約40分)
出演:マリンバ奏者 通崎 睦美氏
会場:裏千家センター1階ホール
※入館料のみで鑑賞可能です。(一週間前までに電話予約が必要です。先着100名様)

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗