1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都国立博物館
  5. 特別展覧会「細川家の至宝」珠玉の永青文庫コレクション

特別展覧会「細川家の至宝」珠玉の永青文庫コレクション

2011/10/08 ~ 2011/11/23


【京都国立博物館】

京都国立博物館


東京・目白に位置する「永青文庫」。
これは、旧熊本藩主であった細川家が所蔵する宝物を永く護り伝えていくために、昭和25年(1950)、第16代当主の護立(もりたつ)によって、かつての細川家の屋敷跡だった土地の一角に設立されました。

その所蔵品は、遠祖である細川頼有ゆかりの品や、歌人としても著名な初代藤孝(ふじたか。別名幽斎/ゆうさい)、その息子で千利休の高弟のひとりでもあった2代忠興(ただおき)(三斎/さんさい)
をはじめとする、細川家に代々伝来してきた武器・武具、文書、絵画、工芸品などにくわえ、護立によって収集された刀剣、中国美術、近代の絵画など、バラエティに富んでいます。その総数は8万点を超え、ひとつの家に伝来したものとしては日本有数のコレクションとなっています。


また、細川家は京都とのゆかりが深い家でもあります。初代藤孝が織田信長のもとで頭角をあらわし、細川家繁栄の基礎を築いたのが、長岡京市の勝龍寺城(青龍寺城)を居城
としていた時期です。また、細川家の菩提寺は京都・建仁寺の塔頭永源庵(現在の正伝永源院)でした。実は永青文庫の名は、両者から最初の一文字をとったものです。
その
所蔵品を一堂に会する展覧会が京都の地で開かれるということは、きわめて意義深いことといえるでしょう。




この展覧会では、前半に激動の歴史を生き抜き、古今伝授、能、茶の湯などの文化を守り伝えた細川家に伝来する貴重な美術品や歴史資料を展示し、細川家の歴史と日本の伝統文化を紹介します。また、後半には細川護立が収集した美術品の中から選りすぐりの名品を出品し、近代日本を代表する美術コレクターである細川護立の眼と人物像に迫ります。

歴史を見抜いた確かな目が選んだ名品から、さらに厳選された至宝の数々。
この機会にぜひともお楽しみください。


※展覧会は前期・後期制です。一部作品に展示替がございます。
【前期】2011年10月8日(土)~30日(日)
【後期】2011年11月1日(火)~23日(水・祝)


CHECK POINT

【関連イベント】土曜講座

10月15日「永青文庫の歴史とコレクション」

講師:三宅秀和 氏(永青文庫学芸員)

10月29日「コレクター細川護立―日本近代美術の視点から」

講師:塩谷 純 氏(東京文化財研究所企画情報部文化形成研究室長)

11月12日「細川氏と永源庵―永青文庫の古文書―」

講師:羽田 聡(京都国立博物館研究員)

11月19日「永青文庫の中国彫刻―コレクションをめぐる人々―」

講師:淺湫 毅(京都国立博物館主任研究員)

【会場】京都女子大学J校舎5階J525教室 ※京都国立博物館ではございませんので、ご注意ください。
【時間】 13:30~15:00
【定員】 190名 ※聴講無料・要申し込み

申し込み方法

往復はがきに、聴講希望日・住所・氏名・年齢・職業・電話番号を明記の上、以下の宛先にお申込ください。
※受付は9月1日より開始します。
※往復はがき1枚につき、1名様1回分のお申し込みとなります。定員になり次第締め切りとなります。

宛先:〒605-0931 京都市東山区茶屋町527 京都国立博物館「土曜講座」係

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗