1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都国立博物館
  5. 成立八〇〇年記念「方丈記」

成立八〇〇年記念「方丈記」

2013/01/08 ~ 2013/02/11


【京都国立博物館】

京都国立博物館

『方丈記』は、鴨長明(1155?~1216)が執筆した鎌倉時代を代表する随筆として知られます。

著者の鴨長明は歌人でもあり、下鴨神社(賀茂御祖神社・かもみおやじんじゃ)の正禰宜惣官(しょうねぎそうかん)、長継の子として生まれました。建仁元年(1201)47歳の
時に和歌所の寄人(よりうど)となりましたが、50歳の時に出家して大原に籠り、のち日野の外山に移り、方丈の庵を結んで隠棲し、著述に勤しみました。
『方丈記』は隠棲中の建暦2年(1212)3月に書かれたもので、平成24年(2012)には成立800年という大きな節目を迎えました。

『方丈記』は、世の中の無常を表現したことで有名ではありますが、京の都を襲った五大災厄を回想しており、近年では災害史の貴重な記録としても注目を集めています。
 

今回の展覧会では、鴨長明自筆という伝承がある最古の写本「大福光寺本」(重要文化財)を巻首から巻末まで全文展示します。この「大福光寺本」は全文が漢字片仮名交じりとなっており、冒頭も「ユク河ノナカレハタエスシテシカモゝトノ水ニアラス」というおなじみの表記で始まっています。

全体は、序文に続き、五大災厄について詳しく述べた後に、世の住みにくさ、遁世に至る経緯、閑居の様子、自らの生き方を確認する終章という構成になっています。

このほかにも、同時代の漢字片仮名交じり文の書跡や、国宝「餓鬼草子」をはじめとした「方丈記」の時代に関連する資料を合わせて展示します。

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗