1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 酒井抱一と江戸琳派の全貌

酒井抱一と江戸琳派の全貌

2012/04/10 ~ 2012/05/13





酒井抱一「夏秋草図屏風」(重要文化財) 東京国立博物館蔵
Image:TNM Image Archives Source:http://TnmArchives.jp/
展示期間:5月2日(水)~5月13日(日)




名門譜代大名家の次男として江戸に生まれた酒井抱一。彼は後半生を画家として過ごしました。
その画風は宗達、光琳ら、伝統的な京都の琳派に強く憧れながら、江戸後期らしい新たな好みや洗練を加えており、近年では抱一の確立した新様式を「江戸琳派」と称しています。
※本展は3期に分かれての展示となります。各期の出品作品が大きく異なりますので、ご了承ください。
詳しくは、主な出品作品リスト(3月10日現在)をご覧下さい。

【前期】 4月10日(火)~22日(日)
【中期】 4月24日(火)~30日(月)

CHECK POINT

団体様限定「特別鑑賞プラン」(有料)・友の会会員限定「ミニレクチャー」(有料)

学芸員が展示品を前に、展示解説を致します。
※事前の申し込みが必要です。詳細は美術館まで直接お問い合わせください。

■ 友の会会員限定ミニレクチャー
日時:4月21日(土)、5月3日(木・祝) 各日11:00~/15:00~
定員:10名

【参加費】
フレンドシップメンバー 1,000円
サポートメンバー 1,000円
フェローシップメンバー 無料
(ご同伴者様は、2,500円※入館チケット含む)

※こちらの企画は友の会会員の方限定となります。
※会員でない方も、当日入会で参加可能です。

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗