1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都国立博物館
  5. 【特別展覧会】上野コレクション寄贈50周年記念「筆墨精神-中国書画の世界-」

【特別展覧会】上野コレクション寄贈50周年記念「筆墨精神-中国書画の世界-」

2011/01/08 ~ 2011/02/20


【京都国立博物館】

京都国立博物館

筆墨精神とは―
時代を超えてうけつがれる芸術家の精神。それは物の外面的な美よりも、むしろ心に響く内面的な美の表出を追求する。




京都国立博物館に所蔵されている、中国の書画作品。この中核を成している「上野コレクション」は、朝日新聞社の創業者の一人である上野理一によって収集されたものです。後にコレクションは、子息である当時の社主・上野精一により、昭和35年(1960)に博物館へ寄贈されました。








上野コレクションは、明清時代の書画を中心に、碑帖(※)などの書跡が76件、絵画が87件、合計163点にも及んでいます。
特に書跡の中には、江戸時代に儒学の基本ともいわれた朱子学の祖・朱熹(しゅき)が自筆した『論語集註草稿』(論語に注釈を加えた解説書の下書き)や、書聖・王羲之(おうぎし)の草書を現在に伝える『宋拓十七帖』などがあります。
特に『宋拓十七帖』は、現存する中でも屈指の名帖として名高いものです。
※ 石碑などに刻まれた書を写した拓本のうち、観賞用や書の手本として仕立てられたもの。

また、絵画の中には、重要文化財に指定されている、清時代の画家・惲寿平(うん・じゅへい)が描いた『花隖夕陽図(かおせきようず)』も含まれています。

今回は、寄贈から50周年を迎えることを記念し、これらの優品と関連作品を併せ、国宝10件・重文23件を含む約110件を展示。幽玄な中国書画の世界を辿ります。

CHECK POINT

主な見どころ

奇跡の再会・「三国志呉志残巻」


『三国志』のうち、呉の国の歴史を記した『呉志』の第12巻の残巻。同じ巻の一部が、上野家と東京・台東区立書道博物館にバラバラに所蔵されていましたが、この展覧会に同時に展示されます。
『三国志』の写本の中では最古の部類で、中国5世紀に写されたものです。

王羲之・欧陽詢・顔真卿ら、名筆の拓本が一堂に


現在も書道のお手本として用いられる、中国の名筆たち。彼らの書は数々の石碑などにも刻み残され、それを写した拓本は手本や観賞用として大切に守られてきました。
展覧会では、時を越えた名書家による作品が一堂に、豪華共演を果たします。

明清時代の文人書画の精品が揃う


文人とは、元は学問を修め文章をよくする人・学者を指しましたが、時代とともに詩文や書画に優れた人のことを指すようになります。文人画は彼らが余技として描いたものがはじまりで、特に宋・元の時代に盛んになり、画家の精神性や内面性に根ざした独特の形を作り出します。
展覧会では、宋時代から明・清時代までの、代表的な文人による優れた作品を紹介します。

京都国立博物館のみで叶う名品の公開


今回、中国書画のほかに日本の名品も紹介されます。特に、京都国立博物館を代表する所蔵品の一つである国宝『山越阿弥陀図』(鎌倉時代)、奈良の東大寺南大門で有名な仏師・運慶が書写した国宝『法華経』などは必見。京都国立博物館だからこその、充実したラインナップです。

【同時開催】特集陳列・生誕125年記念 篆刻家「園田湖城」

篆刻家として名高い園田湖城(1886~1968)。
京都国立博物館との縁も深い人物で、特別展示館の破風(入口上)に掲げられた「京都国立博物館」の額字の原字の筆をとっています。
また明治・大正・昭和に活躍した、富岡鉄斎・橋本関雪・神田喜一郎など、当時の文化人としての交流も深く、彼らの印章を数多く刻しています。
今回は生誕125年を記念して、その作品や関連する資料を展示し、業績を回顧します。

【関連イベント】土曜講座

展覧会に関連して、解説講座が開催されます。(事前申し込み制です)

【申し込み方法】
往復はがきに、聴講希望日・住所・氏名・年齢・職業・電話番号を明記し、下記の宛先までお申し込み下さい。
※定員に達し次第締切となります
※往復はがき1枚につき1名様1回分の申し込みとなります。
《宛先》
〒605-0931 京都市東山区茶屋町527 京都国立博物館「土曜講座」係

下記講座全て
会場:京都女子大学J校舎 5階 J525教室(予定)
時間:13:30~15:00
定員:190名
※聴講無料

■ 1月8日:「写本と法帖-文字を鑑賞する文化-」
講師:赤尾 栄慶 氏(京都国立博物館 上席研究員)

■ 1月22日:「上野コレクションと内藤湖南」
講師:礪波 護 氏(京都大学名誉教授)

■ 2月5日:「明清の文人書画」
講師:西上 実 氏(京都国立博物館学芸部長)

■ 2月12日:「わが師 湖城を語る」
講師:水野 恵 氏(篆刻家)

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗