1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 美術館「えき」KYOTO
  5. 生誕220年 歌川広重の旅 平木コレクション 保永堂版初摺でたどる東海道五十三次

生誕220年 歌川広重の旅 平木コレクション 保永堂版初摺でたどる東海道五十三次

2016/02/19 ~ 2016/03/27


【美術館「えき」KYOTO】

美術館「えき」KYOTO

江戸時代に庶民の芸術として誕生した浮世絵は、今日まで多くの人々を魅了し、その文化的価値や芸術性が高く評価され、日本を代表する芸術として紹介されています。

なかでも歌川広重は、江戸時代に活躍した数多くの浮世絵師において極めてなじみ深い絵師の一人です。
天保4年(1833)から保永堂版「東海道五十三次」が刊行されると、広重は一躍風景画家としての名を馳せることになりました。政治と経済の中心である江戸と歴史ある京都を結ぶ東海道には、風光明媚は名所がたくさんあります。現代のように気軽に遠出することが難しかった当時、広重の「東海道五十三次」を見た人々は、浮世絵を通し、自宅に居ながらにして旅を経験することができたのでしょう。

今回の展覧会は、平木浮世絵コレクションより、貴重な保永堂版の「東海道五十三次」初摺の作品を一堂に展覧いたします。ベストセラーとなった「東海道五十三次」は、何度も増刷が重ねられました。その結果、すりの状態に差が出たり、版木が磨耗しきってしまい新たに彫り直しがされたりするほど、その人気ぶりはすさまじいものでした。
初版にあたる初摺の作品は、絵師の制作意欲がよく反映され、淡く軽やかな色彩で見るものにさわやかな趣を感じさせます。初期の広重作品には墨の濃淡を多用した淡い色彩が多く用いられているため、広重作品の本質を知るためには、初摺の作品を知ることが重要とされています。今回の展覧会では、一部初摺と後摺の作品を並べて展示しますので、その違いを比べてごらんいただけます。

広重の描く魅惑の東海道の世界を、この機会にご堪能ください。
 


CHECK POINT

【関連イベント】ギャラリートーク

講師:森山悦乃氏(公益財団法人平木浮世絵財団 学芸員)
日時:2月19日(金)11:00~/14:00~(各回30分)
会場:美術館「えき」KYOTO

※マイクを使用し、会場内を移動しながら解説いたします。
※事前申し込み不要。ご参加は無料ですが、美術館入館券が必要です。
※混雑した場合は、入館制限をさせていただく場合がございます。
※イベント内容が変更、または中止となる場合がございます。予めご了承ください。

【関連イベント】ギャラリートーク:学芸員による見どころ解説

美術館「えき」KYOTOの学芸員が、わかりやすく作品の見方などをアドバイスします。

日時:3月5日(土)・9日(水)各日14:00~(各回30分)
会場:美術館「えき」KYOTO

※マイクを使用し、会場内を移動しながら解説いたします。
※事前申し込み不要。ご参加は無料ですが、美術館入館券が必要です。
※混雑した場合は、入館制限をさせていただく場合がございます。
※イベント内容が変更、または中止となる場合がございます。予めご了承ください。

【相互企画】京都市美術館「「マルモッタン・モネ美術館所蔵 モネ展」「光紡ぐ肌のルノワール展」相互割引企画

歌川広重の浮世絵はモネをはじめとした印象派の画家たちにも多大な影響を与えています。そこで今回、京都市美術館で開催される印象派の展覧会2件との入館券相互割引企画を実施します。

■美術館「えき」KYOTO
京都市美術館で開催される下記2つの展覧会
「マルモッタン・モネ美術館所蔵 モネ展」(2016年3月1日~5月8日)
「光紡ぐ肌のルノワール展」(2016年3月19日~6月5日)
の入館券(半券可)を、美術館「えき」KYOTO「歌川広重の旅」展のチケット窓口にてご提示いただくと、1枚につき1名さまの当日入館料が200円割引となります。

■京都市美術館
美術館「えき」KYOTOの「歌川広重の旅」展の入館券(半券可)を
京都市美術館の「モネ展」「ルノワール展」会場チケット窓口にてご提示いただくと、1枚で1名さまの当日入館料が100円割引となります。

※他割引の併用は不可
※高校生以上の学生のお客さまは学生証のご提示をお願いします。学生証がない場合は一般料金となります。

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗