1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 龍谷ミュージアム
  5. 平山郁夫 悠久のシルクロード

平山郁夫 悠久のシルクロード

2013/04/20 ~ 2013/06/30


【龍谷ミュージアム】

龍谷ミュージアム

【作品画像】
(上)仏陀坐像(平山郁夫シルクロード美術館)
(下左)ゼウス神像左足断片(流出文化財保護日本委員会保管)
(下右)カニシュカ1世金貨(平山郁夫シルクロード美術館)


平山郁夫画伯は、壮大な構想力を背景とし、静謐で幻想的ともいえる画風で画壇を支えた日本を代表する画家です。
1930年に瀬戸内海の生口島(現・広島県尾道市)で生まれ、1945年に勤労動員先の広島市内で被爆したことがその生涯に決定的な影響を与えました。終戦後、1947年に東京美術学校(現・東京藝術大学美術学部)に入学し、前田青邨に師事。芸術上の壁や経済的困窮、そして原爆の後遺症に苦しめられる中、平山画伯は、特に仏教やシルクロードに日本文化の源流を求め、世界各地を取材し、数々の大作を発表しました。

また、平山画伯は取材の過程で触れた様々な歴史・文化を深く理解し、各国の文化遺産保護に尽力しました。中国やカンボジア、アフガニスタンといった世界各地で文化遺産分野での国際貢献の基礎を築き、その努力は2009年に亡くなるまで続けられました。
「文化財赤十字」構想を掲げ、戦火の中に失われる文化遺産を救済しようという平山画伯の姿勢は、今も世界中の人々の共感を呼んでいます。

この展覧会では、平山画伯の数々の名画からその画業を振り返ります。
初期の代表作である《入涅槃幻想》(東京国立近代美術館蔵)やシルクロードシリーズの代表作《シルクロードを行くキャラバン》(平山郁夫シルクロード美術館)などの大作が並びます。また、原寸大の様々な「大下図」も併せて展示し、制作の過程をイメージしていただきます。
br />そして、平山画伯は、文化財の散逸防止と研究寄与のため、ガンダーラ仏をはじめ数多くの一級品の作品を収集していました。展覧会では、そんな平山画伯の文化遺産保護活動を代表する「平山コレクション」からも名品をご紹介します。
また、将来アフガニスタンに返却するために日本で一時保管されている「アフガニスタン流出文化財」も併せて展示。日本で鑑賞できる数少ない機会となります。
この他にも、平山画伯の知られざるコレクション「コイン・コレクション」の一部も公開します。ブッダ像を刻んだ「カニシュカ金貨」など、世界的にも貴重なコレクションを通し、シルクロードの歴史を概観します。

優れた作品とコレクションにより、改めて偉大な画家の絵と文化財保護にかけた情熱に迫ります。
CHECK POINT

【関連イベント】特別講演会

会場:龍谷大学大宮学舎 清和館 3階ホール
定員:200名(先着順受付)
※参加無料(展覧会の入場券[半券可]が必要です。当日会場にても購入可能です)
※事前申込制

特別対談「シルクロードから日本へ~平山郁夫の旅~」


日時:2013年5月11日(土)13:30~15:00
出演:平山美知子氏(平山郁夫シルクロード美術館館長)、樋口隆康氏(京都大学名誉教授・泉屋博古館名誉館長)

記念講演会「平山郁夫と文化遺産保護活動」


日時:2013年5月19日(日)13:30~15:00
講師:前田耕作氏(アフガニスタン文化研究所所長)

記念講演会「平山コレクションに見るシルクロードの歴史と文化」


日時:2013年6月2日(日)13:30~15:00
講師:田辺勝美氏(浜名梱包輸送シルクロード・ミュージアム顧問)

■申込方法
(1)希望日と講演タイトル(2)お名前(ふりがな)(3)郵便番号・住所(4)電話番号(FAXでの申込の場合はFAX番号も)
以上を明記の上、往復はがき・FAX・メール・ミュージアム受付での直接申込のいずれかで
「平山郁夫 悠久のシルクロード イベント申込係」までお申し込みください。
※FAXの場合は送信FAX番号宛に、メールの場合は送信メールアドレス宛に、回答をお送りいたします。

【関連イベント】ギャラリートーク

期間中、随時学芸員などによる展示解説を行います。
開催日など詳細につきましては、公式ホームページをご確認いただくか、直接お問い合わせください。

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗