1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都市美術館
  5. 大エルミタージュ美術館展 ~世紀の顔・西欧絵画の400年~

大エルミタージュ美術館展 ~世紀の顔・西欧絵画の400年~

2012/10/10 ~ 2012/12/06


【京都市美術館】

京都市美術館

フランスのルーブル美術館、アメリカのメトロポリタン美術館などと並び世界最大規模を誇る、ロシアのエルミタージュ美術館。
その歴史はロシア帝国時代に女帝・エカテリーナ2世が収集した美術コレクションを、自身専用の展示室「エルミタージュ(隠れ家)」に収蔵したことに始まります。その後も歴代の皇帝たちによってロシアの威信をかけた収集が続けられ、現在所蔵品は300万点以上にのぼっています。
コレクション内容もさまざまな時代・地域にわたっており、その幅広さから「美の百科事典」とも言われています。








今回の展覧会では、エルミタージュ美術館で特に充実している西欧絵画コレクションから、16~20世紀にかけての400年にわたる傑作89点を展示します。
そのほとんどは通常はエルミタージュ美術館から外に出される機会のない、コレクションの中でも特に貴重な作品です。

ルネッサンス時代の巨匠・ティツィアーノから、バロック時代のレンブラントやヴァン・ダイク、ロココ時代のブーシェ、そしてルノワール、モネなどの印象派、そしてセザンヌやマティス、ピカソといった近現代の画家まで、各世紀の「顔」ともいうべき作家の名作を、時代を追って紹介します。


また、今回京都では約30年ぶりの公開となるマティスの《赤い部屋(赤のハーモニー)》は、自由で装飾的なマティスらしいスタイルが確立した作品ですが、同時にそれまで写実が重視されていた西欧の油絵に表現の新しい方向性を示した、絵画史においても大変画期的な作品です。

今回の展覧会はロシア国外では最大規模のエルミタージュ美術館展となります。
帝政ロシアの文化的発展を願い、世界にも類のない規模と質のコレクションを築き上げた、ロシアの皇帝やコレクターたちによる貴重な美の遺産をご堪能ください。

CHECK POINT

【関連イベント】記念講演会/解説講座「大エルミタージュ展の見どころ」

※いずれも会場は京都市美術館講演室となります。
※参加無料(展覧会への入場券(半券可)が必要です)
※定員は各日90名です。
※事前予約は不要です。当日イベント開始1時間前より、正面玄関前にて整理券が配布されます。
※題目は変更になる場合があります。

記念講演会


エルミタージュとイタリア


日時:2012年10月27日(土)14:00~15:30
講師:岡田温司(京都大学 人間・環境学研究科教授)

ヴァン・ダイクとイギリス肖像画


日時:2012年11月17日(土)14:00~15:30
講師:潮江宏三(京都市美術館長・京都市立芸術大学名誉教授)

展覧会解説講座「大エルミタージュ美術館の見どころ」


日時:2012年10月20日(土)、11月10日(土) 各14:00~15:00
講師:後藤結美子(京都市美術館学芸員)
定員:各日90名

【関連イベント】夜間開館特別企画「館長による夜のギャラリートーク」

日時:2012年10月26日(金)、27日(土) 18:30~19:30
講師:潮江宏三(京都市美術館長・京都市立芸術大学名誉教授)

※希望者多数の場合はご参加いただけない場合がございます。あらかじめご了承ください。

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗