1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都芸術センター
  5. 林勇気「電源を切ると何もみえなくなる事」

林勇気「電源を切ると何もみえなくなる事」

2016/04/05 ~ 2016/05/22


【京都芸術センター】

京都芸術センター

林勇気「もうひとつの世界003」2015年

京都芸術センターの平成28年度最初の展覧会は、京都出身の映像作家・林勇気による個展を開催します。

林はこれまで、膨大な量の写真をコンピュータに取り込み、切り抜き重ね合わせることでアニメーションを制作。作品を通し、大量のイメージを情報処理し、複雑にレイヤー化しながら、デジタル情報のなかにある記録や記憶との関係を問うてきました。しかし最近では、情報技術の「中で」記録・記憶のあり方を探っていたのが、デジタル情報とリアルな身体環境の「間で」探る方向へと変化しつつあります。

林は今回、映像という媒体そのものの危うい存在に注目。“電源を切る”という行為によってもたらされるメタ鑑賞体験を提示します。情報の仮想世界と、リアルの環境の「間」をつなぎ、時に分断する電源。そこに浮かび上がるのは、どのような問いであるのか。作家が、そして私たち自身がどのような考えを持ちうるのでしょうか。デジタル時代のアートのあり方を、原点から問い直します。
 

林勇気

映像作家。1976年京都市生まれ。1997年より映像作品の制作を始める。国内外の美術展や映画祭に出 品。自身で撮影した膨大な量の写真をコンピュータに取り込み、切り抜き重ね合わせることでアニメーションを作る。その制 作のプロセスと映像イメージは、デジタルメディアやインターネットを介しておこなわれる現代的なコミュニケーションや記 憶のあり方を想起させる。
主な展覧会に、2011年個展「あること being/something」(兵庫県立美術館)、「HUMAN FRAMES」(Kunst im Tunnel/ドイツ 、Substation/シンガポール)、2013年「あなたがほしいi want you」(WELTKUNSTZIMMER /ドイツ)、2014年 「HOME PARTY 02」(みずのき美術館/京都)、個展「林勇気 with NO ARCHITECTS 光の庭ともうひとつの家」(神戸アートビレッジセンター/兵庫)、「窓の外、恋の旅-風景と表現」(芦屋市立美術博物館/兵庫)、2015年 「アンカラ国際映画祭」(トルコ) など。http://kanyukuyuki.tumblr.com


CHECK POINT

【関連イベント】アーティスト・トーク

日時:2016年4月10日(日)15:30~17:00
出演:林勇気(出展作家)、平芳幸浩(京都工芸繊維大学准教授、京都芸術センター運営委員会/本展企画者)
会場:京都芸術センター ミーティングルーム2
※予約不要・入場無料

【関連イベント】ワークショップ「遠くをみるために」

タイムカプセルを制作し、林勇気が参加者の方にインタビュー撮影を行います。
映像は10年・20年・30年後に上映されます。

日時:2016年5月14日(土)11:00~12:30/13:30~17:00(一人30分程度)
定員:10名
※参加無料
※事前申込制です。ご希望の方は、参加希望時間を添えて、お電話または公式サイト内の申込フォームよりご連絡ください。

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗