橋本関雪 展

2009/09/17 ~ 2009/09/29


【白沙村荘 橋本関雪記念館】

白沙村荘 橋本関雪記念館

近代日本画の最盛期とされる、昭和前期。
その時代に、文展・帝展など画壇の中心で活躍した巨匠・橋本関雪。彼はその秀でた天分と気宇壮大な創作態度により、数多くの秀作・話題作を世に遺しました。

明治16年(1883)に神戸で生を受けた関雪。橋本家は代々明石藩の武道師範を務めた家系で、彼の祖父の代からは儒教を教える儒官となり、父も明治に入ってからは私塾を開いて神戸の師範学校で漢学を教えていました。そのため関雪も少年時代から家学として経書・詩文を父から仕込まれ、江戸時代の藩儒(各藩に仕えた儒学者)の子弟たちと似た雰囲気の中で育てられました。
 

絵画の道に進んだ関雪は、はじめ四条派の画を学んでいましたが、明治36年(1903)、20歳のときに京都に出て竹内栖鳳の門を叩き、その天分を大きく伸ばしました、その5年後には第二回文展に初入選し、その後も力作・話題作を発表して多くの褒章を得、画壇に確固たる地位を築きました。

また、日本画壇の重鎮としての活躍の一方で、関雪は海外の美術・文化にも目を向け、日本画家としていち早く渡欧して西洋美術を学び、中国には生涯60度も行き来して東洋の古美術研究を行うなどしました。また一時衰退した南画の復興や古典絵画の再評価を求める運動にも積極的に取り組むなど、自身の画業以外にも功績を残しています。

その深い教養と幅広い視野に根ざした作品は、四条派を基礎としつつも古今東西の名画の諸風を取り入れ、豪快かつ華麗、軽妙かつ繊細。その格調高い芸術性が高く評価されています。

この展覧会は、橋本関雪の初期から晩年までの約50年の画業を、その代表作約50点にて紹介し、その輝かしい業績を偲ぶものです。



大丸ミュージアムKYOTO(大丸京都店6階)での開催です。
会場のお間違えなきよう、ご注意下さい。

【橋本関雪展 関連情報】
白沙村荘 橋本関雪記念館(施設情報ページ)
「白沙村荘の庭から」(橋本関雪記念館・橋本眞次副館長の連載コラム)


CHECK POINT

作家の暮らした街・京都で見る「橋本関雪展」。

橋本関雪は大正5年(1916)に銀閣寺近くに自ら設計した邸宅(現在の白沙村荘・橋本関雪記念館)を建て、昭和20年(1945)に亡くなるまで、生涯の大部分をその家で過ごしました。
この展覧会は姫路からはじまり、富山、島根と巡回し、そして今回、京都での開催となります。
関雪が暮らし、愛した街・京都で見る「橋本関雪展」。
他都市とはまた別の意味で、特別なものがあるのではないでしょうか。
和洋漢の様々な技法を柔軟に採り入れ、人物画・文人画・動物画と多彩なモチーフを自在に描き出した関雪のその足跡を、この機会に味わってみてください。

展覧会をより深く楽しむ---ギャラリートークイベント開催。

より展覧会と橋本関雪を深く楽しめる、ギャラリートークイベントが開催されます。
「京都で遊ぼうART」の連載コラムでもご協力頂いている、白沙村荘 橋本関雪記念館の橋本眞次副館長も登場されます。是非、この機会をお見逃しなく!

(1) 9月18日(金) 14:00~(約30分予定)
 講師:平瀬礼太氏(姫路市立美術館学芸員)
 場所:大丸ミュージアムKYOTO会場内

(2) 9月25日(金) 14:00~(約30分予定)
 講師:橋本眞次氏(白沙村荘 橋本関雪記念館副館長)
 場所:大丸ミュージアムKYOTO会場内

※いずれもご参加には当展覧会の観覧券が必要となります。

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗