1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 細見美術館
  5. 蛇足庵コレクション 江戸のなぞなぞ-判じ絵-

蛇足庵コレクション 江戸のなぞなぞ-判じ絵-

2018/06/09 ~ 2018/08/19


【細見美術館】

細見美術館

「判じ絵」とは、絵に置き換えられた言葉を当てる、江戸時代の庶民たちに広く親しまれた遊びです。題材として取り上げられたものは、人名や地名、名所、動植物、道具類など実にさまざま。問題として描かれた絵は「音」が通じるだけの全く無関係なものが組み合わされているものが中心です。答えありきの絵の構成ですので、人や物が実際にはありえないシチュエーションで描かれた、摩訶不思議な絵がたくさん登場します。
笑いを誘う絵を見る楽しみと、隠された言葉を判じ、解く・推理する楽しみを同時に味わえる判じ絵は、“絵でみるなぞなぞ”ともいえます。そして、浮世絵師たちが趣向を凝らした様々な図様や難問・珍問には、遊び心がたっぷり詰まっています。判じ絵の流行は、当時の人々にとって浮世絵というメディアがいかに身近で手軽な存在だったかを物語るものともいえるでしょう。

この展覧会では、判じ絵を数多く所蔵する蛇足庵コレクションより、選りすぐりの約100点をご紹介します。ユーモアとセンスをフル稼働させて、江戸のなぞなぞをお楽しみください。

【作品画像】
(1)都名所絵方角かんがゑ
(2)勝手道具はんじもの 下 歌川重宣 嘉永4年(1851)
(3)新板はんじ物 虫 一猛斎(歌川)芳虎 嘉永2~3年(1849~50)


CHECK POINT

【関連イベント】アートキューブレクチャー「判じ絵を読み解く-江戸の庶民と知恵比べ-

国際浮世学会常任理事、浮世絵版画の研究、中でも〈判じ絵〉研究の第一人者として知られる本展監修者・岩崎均史氏によるレクチャーです。

日時:2018年8月4日(土)14:00~15:30
講師:岩崎均史氏(本展監修・静岡市東海道広重美術館館長)
会場:京都市勧業館(みやこめっせ)地下1階 大会議室
※会場は細見美術館ではございませんのでご注意ください。
定員:100名(事前申込制/先着順受付)
※申込は6月9日(土)より受付開始

申込方法


お電話・FAX・メール、または美術館受付窓口にて、「参加希望イベント名」「氏名(ふりがな)」「参加人数」「電話番号(FAX番号)」「会員番号(友の会会員のみ)」を添えて申し込みください。

※FAX・メールにてお申し込みの方には、追って申込完了のお知らせをお送りします。1週間を過ぎてもお知らせが届かない場合は、電話にてお問合せください。
※パソコンからのメールの受信を拒否、などの制限をかけている方は、美術館からのメールを受信出来ない場合がございます。その場合はお手数ですが、「info@emuseum.or.jp」の指定受信を設定してください。

【関連イベント】季節の室礼を楽しむ「和の歳時記-七夕-」

期間中、茶室前テラスや室内に、七夕にちなんだ飾りつけをしてお迎えします。
亀廣永製「したたり」とお抹茶 1,100円(税込)もお楽しみいただけます。

日時:2018年7月3日(火)~8日(日)11:00~17:00
会場:茶室「古香庵」(細見美術館 3階)

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗