1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都嵐山オルゴール博物館
  5. 秋季特別展「現代のオルゴール文化の伝承~ギド・リュージュの遺してくれたもの~

秋季特別展「現代のオルゴール文化の伝承~ギド・リュージュの遺してくれたもの~

2009/10/10 ~ 2009/12/31


【京都嵐山オルゴール博物館】

京都嵐山オルゴール博物館


1796年のスイス・ジュネーブ。時計職人のアントワーヌ・ファーヴルは、その技術を生かしてシリンダー(筒)型のオルゴールを生み出しました。その後、1800年代になると同じくスイスのサン・クロワで量産化が開始。丁度クラシック全盛期でもあったこともあり、より複雑な音色を表現しようとオルゴールの技術は進化し、非常に複雑な技巧をこらしたもの、大型のものなど様々なものが作られるようになりました。時計やアクセサリーに内蔵させたもの、太鼓やベル、アコーディオンなどの楽器を組み合わせたものなど、実にオルゴールは多種多様な姿を見せます。
しかしその後、蓄音機の発明など時代の流れと共に人々の関心は薄らぎ、この黄金期は長くは続きませんでした。
1900年代になると、最盛期には40ほどあったサン・クロワの工房は姿を消してしまい、すっかり衰退してしまうことになります。



100年の間に繁栄と衰退の歴史を歩んだオルゴール。その伝統を再生させ、今もなお失うことなく守り続けているのが『REUGE(リュージュ)』社です。
そして、その礎を築いたのがギド・リュージュ(1904-1995)でした。


 



リュージュ社自身も、衰退期にはオルゴール部門から一度撤退を余儀なくされます。
しかしギド・リュージュは1928年の社長就任後、そのオルゴールの復活に全精力を傾け、1960年代には高級ムーブメントの生産を再開。結果、世界最高級のオルゴールメーカーとして奇跡的な再起と成功を収めることとなります。

京都嵐山オルゴール博物館は、そのギド・リュージュから寄贈された彼のオルゴールコレクションを所蔵・公開しています。
今回の特別展では、彼自身が生み出したアンティーク・オルゴールを特別に展示。
秋の京都・嵐山にて、その繊細で美しいオルゴールの世界をお楽しみ下さい。


自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗