1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 清水三年坂美術館
  5. 帝室技芸員series1 蒔絵 ~柴田是真と池田泰真~

帝室技芸員series1 蒔絵 ~柴田是真と池田泰真~

2010/08/27 ~ 2010/11/23


【清水三年坂美術館】

清水三年坂美術館


柴田是真(しばたぜしん/1807-1891)が最近注目されています。

柴田是真は幕末から明治中期にかけて活躍した絵師であり漆芸家。当時から大変な人気作家であり、帝室技芸員(現在の人間国宝の前身)には明治二三年(1890)に制度が出来ると同時に任命されました。
明治初期から海外で開催されていた万国博覧会で是真の作品が紹介されると、その独創的で洒落た作風はたちまち海外の美術愛好家達の注目を集めました。
その後、日本人の間で是真の名前はいつの間にか忘れ去られることになってしまいましたが、海外では世代が変わっても、是真に対する評価が衰えるどころか益々高まる一方。現在も是真に対する研究が盛んに行われており、出版物も数多く出されています。そのため、是真作品の大半は海外のコレクターや美術館が所蔵しているのが現状です。

是真は四条派の絵師の下で画法を学び、後に漆を用いた独自の「漆絵」を生み出すなど、絵画作品も素晴らしいものがあります。しかし、やはりその真骨頂は蒔絵作品にあります。
是真は蒔絵の技法の研究に熱心に取り組み、途絶えていた青海波塗(せいがいはぬり)を復活させるなど新しい技法(変塗/かわりぬり)の開発や復活を行いました。
また、それらを駆使してお洒落で魅力に溢れた独創的な作品を多く残しています。

是真の没後は、一番弟子である池田泰真(いけだたいしん/1825-1903)が、明治29年(1896)帝室技芸員に選ばれ、師匠・是真亡き後の明治の漆芸界をリードしていきました。泰真もまた、是真と共に考案した青海波塗や青銅塗などの技法を駆使した、魅力ある作品を多く残しています。

この展覧会では、清水三年坂美術館が所蔵する是真の蒔絵作品を中心に、絵画や泰真らその弟子たちの作品も合わせてご紹介します。

CHECK POINT

館長による展示解説イベント

村田理如館長が直接ご案内・解説をして下さいます。
特別展である本展はもちろん、常設展も一緒に、実際に展示されている作品を見ながらのギャラリートーク形式です。
※参加者多数の場合は先着優先となりますので、ご了承ください。

日時:2010年9月25日(土)13:00~(60分予定)
料金:参加無料(美術館への入場料は必要です)

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗