1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都高島屋 7階グランドホール
  5. ガレとドーム展 美しき至高のガラスたち

ガレとドーム展 美しき至高のガラスたち

2017/01/06 ~ 2017/01/16


【京都高島屋 7階グランドホール】

京都高島屋 7階グランドホール

19世紀末から20世紀初頭にかけてヨーロッパを中心に花開いた装飾スタイル「アール・ヌーヴォー」。その巨匠の一人として讃えられる人物が、ヨーロッパ近代工芸史に革命をもたらしたガラス工芸作家、エミール・ガレです。
1846年、フランス東部の自然豊かな古都ナンシーに生まれたガレは、幼い頃から植物や文学に親しみ、芸術の豊かな素養を育みました。
1900年にパリ万博を訪れた若きガレは、そこでさまざまな異文化に触れ、とりわけ「ジャポニスム」-日本文化に強い影響を受け、生涯憧れを抱き続けたと伝えられています。後にガレはフランスを代表する工芸家として世界的名声を博し、1904年に58歳で没した後も、その作品は世界中で愛され続けています。

そして、数々の優れたガラス工芸家のなかでもガレ様式を受け継いだ存在とされるのが、ドーム兄弟です。彼らの作品はガレの模倣に留まらず、独自の世界観と造詣表現を追及した稀有なものでした。

今回の展覧会では、日本各地に所蔵されているガレとドームの数ある作品から、エミール・ガレ生誕170周年を彩るにふさわしい貴重な名品を未公開作品を交え約100点ご紹介します。この機会にぜひご高覧ください。
 

【関連記事】特集:アートを支えるひとたちのことば。

Vol.11 井村優三さん(アートディレクター/imura art gallery/imura art planning)

 


自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗