1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 美術館「えき」KYOTO
  5. 北澤美術館所蔵 ガラス・コレクション ガレとドーム-四季の花

北澤美術館所蔵 ガラス・コレクション ガレとドーム-四季の花

2011/11/18 ~ 2011/12/26


【美術館「えき」KYOTO】

美術館「えき」KYOTO


19世紀末から20世紀初頭、フランスを中心に花開いた芸術潮流アール・ヌーヴォー。
その流れを代表する芸術家がナンシーのガレとドーム兄弟です。
彼らの作品は現在もなお世界中で高く評価され、不動の人気を誇っています。

幕末明治の開国により欧州に渡った日本の美術、それに触発された彼らのガラス作品には、彩りゆたかな花のモチーフが 美しく表現されています。

この展覧会は、世界屈指のアール・ヌーヴォー・コレクションを誇る「北澤美術館」の所蔵品から、季節の移ろいを感じさせる花々に焦点をあてた初めての試みです。
四季の変化に富む日本で、アール・ヌーヴォーの世界をご堪能ください。


エミール・ガレ Emile Gallé (1846-1904)

装飾美術様式「アール・ヌーヴォー」の巨匠。
フランス東部ロレーヌ地方の主都ナンシーを本拠にガラス・陶芸・高級家具の制作を手掛けた。
1889 年と 1900 年のパリ万国博覧会でグランプリを受賞し、 工芸を芸術の水準に高めた創作家として国際的な栄誉に輝く。故郷ナンシーに「芸術産業地方同盟」(ナンシー派)を組織し工芸の革新に貢献した。
日本の美術にも深く感銘を受け、浮世絵のデザインをモチーフにした作品も生み出している。


ドーム兄弟 Daum Frères

ナンシーでガラス工場を経営するオーギュスト Auguste (1853-1909)とアントナン Antonin(1864-1930 )の兄弟は、ガレの成功にならい、1891年に社内にデザイン室を設けて格調高い製品を手掛けるようになった。
1900 年のパリ万博ではグランプリに輝き、ガレと共にアール・ヌーヴォー・ナンシー派の両輪を担った。
CHECK POINT

【関連イベント】ギャラリートーク

今回の展覧会の監修を務めた北澤美術館研究企画員・池田まゆみ氏のギャラリートークを予定しています。

日時:2011年11月18日(金)、12月10日(土) 11:00~/14:00~(各日各回約40分)
※事前申込は不要です。
※美術館入館券をお持ちのお客さまに限りご覧いただけます。
※マイクを使用し、移動しながら解説をいたします。
※ご覧いただくスペースに限りがございますので、入場を制限させていただく場合がございます。
※イベント内容に変更がある場合がございます。予めご了承ください。

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗