1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都市学校歴史博物館
  5. 教科書に登場する人たち

教科書に登場する人たち

2010/03/12 ~ 2010/06/21


【京都市学校歴史博物館】

京都市学校歴史博物館



学校とは切り離せない存在である教科書。
明治時代から学校で使われてきた教科書の中には、歴史上の人物や物語の登場人物、芸術家などといった様々な人物の姿を見ることが出来ます。
この展覧会では京都市立学校の所蔵品の中から、それら教科書の登場人物にちなんだ美術工芸品、彼らを描いた絵画や人形・彫像、そして教科書に出てくる人本人が書いた書などを中心に約70点を展示します。

中には神代の人物や二宮金次郎など現在ではあまり取り上げられなくなった懐かしい人物の姿も。また、坂本龍馬のように明治以降に評価が見直されてきた人物、誰もがいつのまにか知っている物語の登場人物もいます。

教科書に出てくるあの人やこの人の紹介を楽しみながら、日本の歴史の歩みや教育の変化、そして史料の発見や新設によって変化していく学問の進歩なども感じられます。
また、学校に残されてきた珠玉の作品の数々は、造形的にも見応えがあるものばかり。京都の町の文化の奥深さも味わってみて下さい。




※期間中、一部展示替えされる作品があります。


CHECK POINT

あの人も、この人も!時代を彩る教科書の登場人物たち。


時代によって、子供達の手本とされる人物やヒーロー像は変ってくるもの。
教科書や学校の教材などには、そんな「時代の理想像」を見ることができます。

例えば、展示品のひとつである『二宮金次郎像』(元梅屋小学校蔵)は、少し前までどこの学校にも置いてあった品。荷物を担ぎながら本を読む少年の姿はまさに学校の象徴でした。しかし、現在では目にすることもすっかり少なくなってしまっています。

勿論、今年大河ドラマでも話題の坂本龍馬をはじめ、吉田松陰、伊藤博文といった幕末・明治の偉人など現在では人気の人物やお馴染みの人物に関わる品々も見ることができます。
また円山応挙や棟方志功といった日本美術の大家の作品もあり、京都の小学校が文化的にとても素晴らしい環境にあったことも感じさせられます。

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗