1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都国際マンガミュージアム
  5. ガイナックス流アニメ作法 ~人の群れがアニメを創る!~

ガイナックス流アニメ作法 ~人の群れがアニメを創る!~

2012/09/22 ~ 2012/12/24


【京都国際マンガミュージアム】

京都国際マンガミュージアム


「王立宇宙軍 オネアミスの翼」「トップをねらえ!」「新世紀エヴァンゲリオン」「フリクリ」そして「天元突破グレンラガン」など数々の名作を生み出してきた、「ガイナックス」。
30年の歴史の中で現代のアニメビジネスの潮流を生み出したと言っても過言ではない、日本を代表するアニメ制作会社のひとつです。

この展覧会では、ガイナックスのアニメの製作現場が、ガイナックスのスタジオで使用されている机や原稿など実際の資料やデータで再現されます。
ひとつの作品が制作されているプロセスを追う形で、企画が生まれる瞬間や壮絶な製作現場、そして作品発表から巨大マーケットへ変貌を遂げるまでの、コンテンツの成長過程をたどることができます。

また、ガイナックスの過去作品の原画やDVD、雑誌やレアもの資料、グッズなどがずらりと並んだ「ファンの部屋」を再現したスペースや、数ある作品からセレクションされた映像作品が楽しめる無料スペースも登場します。

ビジネス書や教科書には決して描かれることのないリアルなアニメの現場を、ぜひこの機会に体感してみてください。

※この展覧会は、マンガ・アニメ、映画・映像のコンテンツイベント「KYOTO CMEX 2012」のメイン催事です。
※展覧会は有料ゾーン(第1会場 ギャラリー1,2,3)と無料ゾーン(第2会場 ギャラリー4)で構成されています。


CHECK POINT

【関連イベント】オープニングイベント トークセッション「~ガイナックス流アニメ作法を語る~」

第1部では、ガイナックスのプロデューサーである赤井孝美と当ミュージアム館長の養老孟司による対談、そして第2部では、30年間に及び話題作を発表し続けた、日本アニメ界の重鎮達が語る制作者としての 苦悩・クリエイターとしての拘りなどを語ります。
併せてガイナックスの代表作である「王立宇宙軍 オネアミスの翼」の特別上映会も予定しています。

日時:2012年9月22日(土) 第1部 13:00~14:00(対談)/第2部 14:30~17:30(トークショー、作品上映会)
会場:京都国際マンガミュージアム1階 多目的ホール
料金:無料(ミュージアム入場料は別途必要です)
※ イベントの事前申し込みは不要です。
※ 当日10:00より、ミュージアム館内にて整理券が配布されます(先着200名)

出演者


【第1部】
赤井孝美(ガイナックスプロデューサー)
養老孟司(京都国際マンガミュージアム館長)

【第2部】
山賀博之(ガイナックス代表取締役)
武田康廣(ガイナックス取締役)
アサオ ヨシノリ(ガイナックスプロデューサー) 他

【関連イベント】まるごと「グレンラガン」デー

ガイナックスの人気作品、「天元突破グレンラガン」放送5周年記念としての秘蔵ドキュメンタリーや、劇場公開された映画作品の上映を行います。
また、映画上映の間には特別ゲストとしてヨーコ役・井上麻里奈さん、脚本・中島かずきさんによるトークイベントも開催。
グレンラガンをたっぷり楽しんでいただける一日です。

日時:2012年9月23日(日)11:00~19:00(イベントのみの時間延長)
会場:京都国際マンガミュージアム1階 多目的ホール
料金:無料(ミュージアム入場料は別途必要です)
※ イベントの事前申し込みは不要です。
※ 当日10:00より、ミュージアム館内にて整理券が配布されます(先着200名)

【関連イベント】連動企画 えむえむワークショップ ガイナックス流アニメ作法
キャラクター道場、押忍!!

マンガミュージアムの人気ワークショップ。
今回は展覧会に連動して、ガイナックス流のキャラクター作りのノウハウを参考に、楽しく自分のオリジナルキャラクターを作成します。
完成作品は、ワークショップコーナーにて掲示いたします。
展覧会を手がけた関係者からもコメントがもらえるかも…?

日時:展覧会開催期間中の土・日曜、祝日 各日11:00~17:00(受付は16:30まで) ※約60分予定
会場:京都国際マンガミュージアム1階 吹抜け
料金:無料(ミュージアム入場料は別途必要です)
※ 小学生以上対象
※ イベントの事前申し込みは不要です。当日会場での受付となります。
※ 座席数に限りがございますので、混雑時は少しお待ちいただくこともございます。

ガイナックス(GAINAX)について

日本を代表するアニメ制作会社のひとつ。
1981年「日本SF大会」を大阪で開催した学生集団が源流で、現取締役の武田康廣が実行委員長をつとめ、山賀博之、庵野秀明、赤井孝美という今や時代の旗手ともいうべきクリエイター達が集った。当時ゼロから作り上げたオープニングアニメーションはそのクオリティの高さから高い評価を受けた。
その後もアマチュア映像制作集団として特撮などの実写作品にも挑戦。試行錯誤しながら独自の「個性」を築いてゆく。

初商業作品となった劇場用長編映画「王立宇宙軍 オネアミスの翼」制作時に「ガイナックス」を設立。
本作では山賀監督の元、音楽に坂本龍一、キャラクターデザイン貞本義行など精鋭スタッフが集い、お子様向けといわれていたアニメーションの業界に新風を吹き込んだ。
続いて庵野秀明監督のオリジナルビデオアニメ「トップをねらえ!」やTVアニメシリーズ「ふしぎの海のナディア」でも多くのファンを魅了、代表作「新世紀エヴァンゲリオン」は、まさに文化的社会現象ともいえるブームのひとつにまで発展した。

現在も、アニメーションを主体とした映像の企画・制作事業、デジタルメディアを網羅したソフト開発販売からイベント企画、実写作品などの新事業まで積極的に取り組んでいる。

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗