1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都府立堂本印象美術館
  5. 風光の煌き ─日本・中国・ヨーロッパ

風光の煌き ─日本・中国・ヨーロッパ

2010/03/12 ~ 2010/06/13


【京都府立堂本印象美術館】

京都府立堂本印象美術館








《深草》(1919)


《窓》(1953)

堂本印象は、およそ60年にわたる画業のなかで、各地の自然の風景や街並みをしばしば描きました。

例えば、情感豊かに山里の風景が描かれた《深草》(1919年)は、第1回帝展に初入選した彼のデビュー作です。
また、印象の師である西山翠嶂の画塾「青甲社」における第1回展には、京都・五条坂をモチーフにした《坂》(1924年)を出品。さらには、自身が主宰した画塾「東丘社」の第1回展においては《雲収日昇》(1938年)で湿潤な空気感に満ちた山の連なりを、水墨によって表現しました。
また、1952(昭和 27)年に初めての渡欧した際に目にしたヨーロッパの街並みの様子も、帰国後には早速モチーフとして採り入れられ、《窓》(1953年)となって発表されています。

このように、印象の画業の歩みのなかで風景は主要なテーマとして扱われていることがわかります。

今回の展覧会では、堂本印象が若い頃に旅した中国に取材した作品や、戦後初めての渡欧経験で目にしたヨーロッパの光景、そして水墨や彩色で味わい豊かに描かれた日本の風景をあわせて展示。印象の様々な風景画の世界を紹介します。
堂本印象独自の視点で捉えられた、多彩な「風光の煌き」をご鑑賞ください。
CHECK POINT

ミニ企画展「印象の立体作品」

展覧会と併せて開催されるミニ企画展。
今回は「印象の立体作品」をテーマに、平面以外の作品の展示を行います。

京都画壇の代表的作家である堂本印象ですが、彼の手がけた作品は、絵画だけに留まりません。
印象は陶芸や染織、漆、木工にいたるまで、実に多岐にわたる造形表現を追求していました。
そのどれもが印象の豊かな想像力が現れた、ユニークな作品ばかりです。
自らのイメージを表現するために、平面を超えて制作された様々な立体作品の数々。
平面とはまた違った堂本印象の世界をお楽しみください。

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗