1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 茶道資料館
  5. 平成22年秋季特別展 東京国立博物館蔵 広田不孤斎コレクション「茶の湯の名品」

平成22年秋季特別展 東京国立博物館蔵 広田不孤斎コレクション「茶の湯の名品」

2010/10/09 ~ 2010/11/28


【茶道資料館】

茶道資料館

広田不孤斎コレクションとは、広田不孤斎(松繁)氏(1897-1973)が収集し、3回にわたって東京国立博物館に寄贈された496件の古美術コレクションです。

広田氏は富山県八尾町(現富山市)に生まれ、早くから古美術商で修行を重ね、大正13年、27歳にして西山南天子氏とともに古美術商店「壺中居」を設立しました。

広田氏が扱った作品は中国古陶磁が中心で、日本国内はもちろん、中国へも美術品を求めて度々渡航していたようです。
当時、中国では清王朝が倒れ、古美術品が欧米などに流出した時期です。
また、日本では研究者や愛好家たちが集い、新しい視野のもとに研究や鑑賞の対象として中国古陶磁が注目された時期でもあります。
広田氏は古美術商としてこうした時代を担った人物の一人です。
隠居後は鎌倉に住まいし、自邸に広間と小間の茶室を設けて茶の湯に親しんでいたようです。

東京国立博物館への寄贈品には、墨跡や古筆、あるいは水指、茶碗、茶杓、棗、さらに懐石道具に至るまで各種の名品が含まれています。
それらの茶道具は伝来・由来に頼ったものではなく、広田氏らしい鑑識眼が貫かれています。

茶道資料館では東京国立博物館蔵の広田コレクションの中から104点の茶道具を紹介します。
厳しく研ぎ澄まされた鑑識眼をもって形成されたコレクションから、近代の数寄者の目を感じ取ってみて下さい。

CHECK POINT

【関連イベント】講演会

「広田不孤斎を語る」


日時:10月23日(土) 13:30~15:00
講師:林屋 晴三氏(東京国立博物館名誉館員)
会場:茶道資料館講堂
定員:先着100名
※聴講無料(入館料のみで参加可能です)

「不孤斎コレクションの名品」


日時:11月6日(土) 13:30~15:00
講師:赤沼 多佳 氏(茶道資料館学芸顧問)
会場:茶道資料館講堂
定員:先着100名
※聴講無料(入館料のみで参加可能です)

茶道資料館ハープコンサート

展覧会にあわせ、美術館にてフルートとハープによるコンサートが開催されます。
当日は展覧会の開館時間も18:20まで延長。コンサート終演後も30分開館されますので、展覧会とコンサートを併せてお楽しみ下さい。

日時:11月26日(金) 開場18:00・開演18:30~(約40分)
出演:ハープ奏者 内田奈織氏、野田千晶氏
会場:裏千家センター1階ホール
※入館料のみで参加可能です。(要事前電話予約。先着100名)

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗