1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都国立近代美術館
  5. 没後50年 藤田嗣治展

没後50年 藤田嗣治展

2018/10/19 ~ 2018/12/16


【京都国立近代美術館】

京都国立近代美術館

藤田嗣治 《カフェ》 1949年 油彩・カンヴァス
ポンピドゥー・センター(フランス・パリ)蔵
Photo © Musée La Piscine (Roubaix), Dist. RMN-Grand Palais / Arnaud Loubry / distributed by AMF © Fondation Foujita / ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2017 E2833


明治半ばの日本で生まれ、80年を超える人生の約半分をフランスで暮らした画家・藤田嗣治(レオナール・フジタ/1886-1968)。2018年はその藤田が世を去ってから50年目にあたります。この節目を記念し、彼の画業の全貌を展覧する大回顧展を開催します。

明治半ばの日本に生まれた藤田は、20代後半にパリに渡り、30代から40代にかけてはモディリアーニやジャン・コクトーなど当時を代表する画家や作家たちとも親しく交流し、エコール・ド・パリの寵児として華々しく活躍しました。第二次世界大戦中には日本で作戦記録画を多数描きましたが、戦後は日本を離れてパリへ帰還。晩年にはフランス国籍を取得して欧州で生涯を終えました。

藤田の没後、その画業を通覧する画業は長らく開催されてきませんでしたが、2006年頃から大小の展覧会が続いています。そのような中で開催される今回の展覧会は、没後50年にふさわしく、フランスはパリのポンピドゥー・センターやパリ市立近代美術館のほか、ベルギーのベルギー王立美術館、スイスはジュネーヴのプティ・パレ美術館、そしてアメリカのシカゴ美術館など欧米の主要な美術館に協力を得て、選りすぐりの作品100点以上を一堂に展示する質・量ともに史上最大級のものとなります。

また、数年前に修復を終えたばかりの大原美術館所蔵の《舞踏会の前》、東京国立近代美術館所蔵の《五人の裸婦》など、国内の代表作をあわせ、藤田の最盛期といえる1920年代に描かれた彼の代名詞「乳白色の下地」による裸婦像10点以上が一堂に会します。そのほかにも初来日となる作品やこれまで紹介される機会の少なかった作品も展示します。

最新の研究成果を盛り込みながら初期から晩年までの作品を展観し、藤田の芸術をとらえ直す貴重な機会となります。たくましくも真摯に、日本人として世界に生きた藤田の人生と芸術を、この機会にぜひご高覧ください。


CHECK POINT

【関連イベント】記念講演会「藤田嗣治の人間と芸術」

生前の藤田嗣治とも交流のあった、大原美術館館長の高階秀爾氏に、藤田の真髄をお話しいただきます。

日時:2018年10月19日(金)14:00~15:30
講師:高階秀爾氏(大原美術館館長)
会場:京都国立近代美術館 1階講堂
定員:100名(先着順受付・事前予約不要)
料金:無料(展覧会の観覧券は別途必要です)
※当日10:00より、1階受付にて整理券を配布します(定員に達し次第終了)

【関連イベント】記念トークショー「ファッションから藤田を読む―ベル・エポックから狂乱の時代まで」

本展監修者の林洋子氏が聞き手となり、服飾評論家の深井晃子氏を迎え、ファッションから絵画を楽しむ新しい視点で藤田の魅力に迫ります。

日時:2018年11月10日(土)14:00~15:30
講師:深井晃子氏(服飾評論家・京都服飾文化研究財団名誉キュレーター)
聞き手:林洋子氏(美術史家・本展監修者)
会場:京都国立近代美術館 1階講堂
定員:100名(先着順受付・事前予約不要)
料金:無料(展覧会の観覧券は別途必要です)
※当日10:00より、1階受付にて整理券を配布します(定員に達し次第終了)

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗