1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都市美術館
  5. 京都市美術館コレクション展 第4期「花から花へ-交感のかたち-」

京都市美術館コレクション展 第4期「花から花へ-交感のかたち-」

2010/01/23 ~ 2010/03/28


【京都市美術館】

京都市美術館










榊原苔山『牡丹図』


 

石崎光謡『春律』(昭和3年)



毎回ユニークな切り口での展示に定評のある、京都市美術館コレクション展。
2009年度の第4期のタイトルは「花から花へ-交感のかたち-」です。


草木が生み出す美しい色彩と形、「花」。
人は花に心動かされ、そこにしばしば自らの思いを託してきました。花は自然のもつ美しさの代表とされるとともに、ときめく栄華や事物の精華を形容し、芸や技を論じる例えにもなりました。

京都市美術館の収蔵作品にも、人と花の様々な関わりが見られる作品が多く有ります。
今回は、竹内栖鳳や須田国太郎、(五代)清水六兵衞、中村鵬生らによる、花にまつわる作品約80点を展示。
芸術の花が咲き、実を結び、また種が蒔かれ、根付く土壌。それを、展示作品を通して探っていきます。











山本春挙『山上楽園』(大正11年)


       

中村鵬生『手織錦冬牡丹壁掛』(昭和11年)



CHECK POINT

芸術の「花」と触れ合う、関連イベント。

展覧会に関連して、「花」をテーマにした様々な関連イベントが開催されます。
今回は学芸員さんとのおしゃべりを交えた対話型のガイドツアーも開催。京都の美術と花の関係に、展示と一緒に思いを馳せてみては?



【ギャラリートーク】
毎回恒例のギャラリートーク。展示会場内で、学芸員さんが実際に作品を前にして解説してくださいます。

日時:2010年1月31日(日)、2月20日(土) 14:00~15:00
参加費:無料(入場料のみで参加できます)
解説:吉仲 充代(京都市美術館学芸課 学芸係長)


【参加体験型ギャラリートーク 「京都に咲く華・花と美術の関係は?」】
「ほんまもんの京都」が体験できる、参加・体験型のコレクション展ガイドツアー。
会期中、ギャラリー内に撒かれた話の「タネ」から、参加者の皆さんとガイド役の学芸員さんが共に対話の花を咲かせます。

日時:2010年3月13日(土) 14:00~15:00
参加費:無料(入場料のみで参加できます)
解説:吉仲 充代(京都市美術館学芸課 学芸係長)


【ワークショップ「飛び出す<花>の絵本を作ろう」】
子供向けの工作ワークショップ。
飛び出す仕掛けを学び、自分だけの飛び出す「花」の絵本を作ります。

日時:2010年3月7日(日)、14日(日) 14:00~16:00
会場:京都市美術館 講義室
講師:尾崎 眞人(京都市美術館学芸課長)
参加費:無料(入場料のみで参加できます)
対象:小学1年生~中学3年生(小学4年生以下は保護者同伴)
定員:30名程度
※事前の申し込みが必要です。応募者多数の場合は抽選となりますので、予めご了承下さい。

※ワークショップへの申し込み方法
参加希望者の方全員の氏名・年齢・住所・連絡先の電話番号を明記し、
京都市美術館までハガキ・FAX・メールにて2月27日(土)までにお知らせ下さい(締切日必着)
参加の可否につきましては、締め切りご3日以内に電話・メールにて申し込まれた方全員にお知らせします。


自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗