1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 美術館「えき」KYOTO
  5. -庶民の信仰-円空・木喰展

-庶民の信仰-円空・木喰展

2009/11/07 ~ 2009/11/29


【美術館「えき」KYOTO】

美術館「えき」KYOTO






天平から鎌倉時代にかけて進化を続けていた仏像表現。
しかし、江戸時代になると過去の作品を真似ることが中心となり、停滞期に入ります。
そんな時代であった17、18世紀にそれぞれ活動していたのが造仏聖・円空と木喰でした。彼らは都を離れ、全国各地を巡る行脚僧として布教活動を行いながら、独創的な仏像や神像を彫り歩きました。庶民との交流を通して彼らが彫った木造の多くは、庶民たちの信仰の対象として大切に守り伝えられ、現在まで残されています。

円空(1632-1695)は武骨な作風が特徴で、荒々しくも自由奔放で力強い鑿(のみ)あとにより、デフォルメされた仏像を数多く彫り残しました。
32歳で仏像を彫り始め、64歳で入寂(没)するまでの30余年の間に、彼は12万体もの像を造ったとも言われるほどで、今までに確認されているだけでも円空仏は5,340体にものぼっています。
作品は一刀彫という独特の技法によってつくられています。これは、奈良や岐阜の飛騨高山地方で見られる技法で、実際、円空仏は岐阜県だけでも1000体以上あると言われます。この技法こそが、円空のゴツゴツとした武骨さのなかに不思議な微笑を見せる、その個性を大いに引き立てているといえます。

一方、木喰(1718-1810)の作風は表情豊かでとても柔和。
「微笑仏」と呼ばれる、柔らかな笑みをたたえた丸みのある、なんとも和やかな像を彫り残しています。彼は62歳になって初めて造像を始めましたが、それ以来80歳には一千体、90歳には二千体の仏像を造ることを誓願し、93歳で亡くなるまで像を造り続けました。現在、木喰の作品は710体余りが確認されています。

両者共に、それまでの伝統的な仏像表現の枠からは外れていますが、その素朴でシンプル、かつ大胆な表現はどこか現代彫刻を思わせるようなモダンさも感じさせます。


この展覧会では、円空と木喰が辿った土地に今もなお守り伝えられている仏像や神像のほか、関連資料等を含めた約200点を展示。それらを通し、時代を超えて人々を魅了し続けている二人の造形の世界をご紹介します。


CHECK POINT

ただただ素朴で純粋。人々の日常に寄り添った、「信仰の美」を味わう。

【円空仏を味わうポイント 「生成り」】
円空の仏像を味わう上でのポイントの一つは「生成り」。
素材となっている木の形や癖を活かして造られているのが、円空仏の魅力のひとつとなっています。
彼はその場で手に入る材料で仏像を造っていたので、ぐにゃりと曲がった木や木っ端、根っこの部分など普通仏像を造る際には適さないものを素材にすることもしばしばでした。というのも、彼は全ての木には仏様が宿っているのだと考えていたためです。
木目をそのまま衣の筋に見立ててみたり、丸太を三つに割って三尊像にしてみたり…その素材を無駄なく最大限に活かして造られたからこそ、円空の仏像は皆個性豊かなのでしょう。

【木喰仏を味わうポイント 「表情」】
「微笑仏」と呼ばれるほど、見ているだけでどこか朗らかな気持ちにさせられてしまうような笑顔が多い木喰仏。
それは、木喰が笑顔が人を救うのだ、と信じていたためでしょう。
木喰が詠んだという歌に、このようなものがあります。
「みな人の心をまるくまん丸に どこもかしこも丸くまん丸」
見ていると、ささくれ立った心も落ち着いて、まるくなる。それが木喰の目指した仏像の姿であり、その表れが「笑顔」の表現だったのでしょう。

【人々の日常に寄り添った「信仰」の美】
円空や木喰の仏像の中には、子供の玩具がわりになったり、色々な人の家に貸し出されたりしたためにすっかり顔が剥げて痛んでしまったものもあるといいます。しかしそれは、いかに人々の日常に溶け込み、親しまれていたかの証にほかなりません。

権力や威厳を示すのではなく、ただただ純粋に「信仰」のために造られた仏像たち。
美術史の上では、民藝運動の中心人物、柳宗悦によって再発見されるまでは忘れ去られていた存在でした。
しかしそれでも守り伝えられていたのは、人々がそれを心のよりどころとして大切にしていたからなのでしょう。

人々の日常に寄り添った、素朴で純粋な「信仰の美」の世界を、味わってみては如何でしょうか。


展示室でのギャラリートークも開催。

会期中に、研究者の方によるギャラリートークイベントが開催されます。
実際に作品を前にして解説していただけるので、より作品の世界がわかりやすくなること請け合いです。

【小島梯次氏による作品解説】
日時:11月7日(土)  1)11:00~ 2)14:00~
11月22日(日) 3)15:00~
講師:小島悌次 氏(円空学会常任理事・全国木喰研究会評議員)
会場:美術館「えき」KYOTO
※各回約40分程度(予定)
※事前申し込みは不要です。
※参加無料(美術館への入館券が必要です)

※やむを得ず、出演者やイベント内容が変更・中止となる場合がございます。あらかじめご了承下さい。
※混雑した場合、入場を制限させて頂く場合がございます。


自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗