1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 美術館「えき」KYOTO
  5. パラミタミュージアム所蔵 棟方志功 幻の肉筆画展

パラミタミュージアム所蔵 棟方志功 幻の肉筆画展

2013/09/13 ~ 2013/10/20


【美術館「えき」KYOTO】

美術館「えき」KYOTO

棟方志功(1903-1975)は、明治36年に青森県の鍛冶職の家に生まれました。
18歳の時にゴッホの「ひまわり」に大きな衝撃を受けた彼は、「わたばゴッホになる」と画家になる決心をし、21歳で上京。その5年後に油彩画で画壇デビューを果たし、その後、版画(志功曰く“板画”)を手がけます。33歳の時に民藝運動の創始者・柳宗悦に絶賛され、棟方は次々と傑作作品を生み出し、国際的な賞も数々受賞。「世界の棟方」として海外でも知られるようになりました。1970年には文化勲章を受章するなど、故郷青森を生涯愛し、民族的表現に徹した棟方の作品は、今なお多くの人に愛されています。

今回の展覧会では、棟方と同郷で長年交流を続けてきた旧所蔵家宅(京都・山口邸)の全面に描かれた肉筆の“建築装飾画の世界”を紹介します。
棟方と京都で出版会社を経営していた山口繁太郎氏との出会いは、地方展で棟方の作品を気に入った山口氏が所持金不足で予約だけしようとしたところ、気に入ったのなら進呈しようと棟方が申し出たことに始まります。
二人とも津軽出身で、同じくわが身ひとつで国を出て事業を興した境遇に相通じるものを感じたのでしょう。棟方は京都を訪れる度に山口氏の家に滞在。1942年(昭和17年)に、棟方は最初の文集「板散華」(はんさんげ)を山口氏が経営する山口書店から出版し、一層二人の交流は深まります。

棟方による山口邸の建具への肉筆画制作は、襖に描いたのがきっかけでした。その後棟方は、納戸、扉、板戸などあらゆる場所に絵を描いたそうです。それらの水墨および彩色絵は、60歳を過ぎた円熟期の昭和40年頃のものとみられ、大変貴重な作品といえます。
個人邸宅の内部装飾ということもあり、これまで画集等で作品の存在は知られていても所蔵先は未公開で、実際に人の目に触れることはありませんでしたが、2010年より三重県のパラミタミュージアムに所蔵され、その全容が公開されました。
個人宅の所蔵品でありながら作品は保存状態が大変良く、この度、京都で公開する運びとなりました。
展覧会では、この肉筆画をはじめ、板画(版画)約45作品を展示いたします。その中には、棟方の代表作である「ニ菩薩釈迦十大弟子図」と改刻前の「ニ菩薩図」も含まれます。ぜひ、知られざる棟方芸術の神髄をご堪能ください。


CHECK POINT

【関連イベント】ギャラリートーク

日時:2013年 【1】9月13日(金)【2】10月5日(土) 各日11:00/14:00(約30分)
会場:美術館「えき」KYOTO
湯浅英雄氏(本展監修・パラミタミュージアム学芸部長)による作品解説
※参加無料・予約不要(美術館の入場券が必要です)
※マイクを使用し、移動しながら解説をいたします。
※混雑した場合は、入館制限をさせていただく場合がございます。

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗