1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 平成30年春の特別公開 永々棟のひなまつり

平成30年春の特別公開 永々棟のひなまつり

2018/02/25 ~ 2018/04/01


3月3日の節句は、中国の祓いの儀式である「上巳節」と、貴族の女子たちが人形で遊ぶ「ひいなあそび」が時代の流れの中で結びついたものと考えられています。現在のような人形を飾って祝う雛祭りの形ができたのは、江戸時代のことです。

「永々棟のひなまつり」では、春の訪れにあわせ、享保雛や古今雛、有職雛、次郎左衛門雛など、江戸時代から現代までのさまざまな雛さまをお座敷に飾り、皆様をお迎えします。あわせて、精巧に作られた雛調度や台所道具、その他御所人形や市松人形なども展示し、いっそう華やかに雛の宴を盛り上げます。
また、今回は京都の次代を担う若手職人たちで構成された「京の伝統産業わかば会」の職人による実演販売会もあわせて開催します。

大正時代の雰囲気が残る数寄屋建築の空間で、春の京都を彩るはんなりとした雛の世界と細やかな技が光る工芸品を、ぜひご高覧ください。

会場・アクセス

平野の家 わざ永々棟(京都市北区北野東紅梅町11)→【MAP
【市バス】205系統「衣笠校前」下車、徒歩3分/203系統「北野白梅町」下車、徒歩3分
【京福嵐山線(嵐電)】「北野白梅町」下車、徒歩5分

 


CHECK POINT

【関連イベント】「ひな茶会」子どもたちによるお点前とお運び

毎年、雛展の恒例行事として人気の「ひな茶会」。
永々棟主催の「子ども茶道教室」で稽古する子どもたちが、華やかな晴れ着姿でお点前とお運びを披露します。

日時:2017年3月3日(土)10:30~/11:30~/12:30~(3回開催)
   3月4日(日)11:00~/12:00~/13:00~/14:00~/15:00~ (5回開催)
定員:各回6名(要予約)
料金:2,000円(薄茶・和菓子・入館料含む)
※事前申し込み制です。「平野の家わざ永々棟」まで電話またはFAXにてご連絡ください。
※定員に達し次第受付終了となります。

【関連イベント】春の茶会

永々棟主催の「茶道教室」による茶会です。日頃の稽古の成果を披露し、心を込めておもてなしいたします。お茶会が初めてという方も、お気軽にご参加ください。

日時:2018年3月17日(土)、18日(日)11:00~16:00(受付終了)
料金:1,000円(薄茶・和菓子付/入館料は別途必要です)
※事前申込不要

【関連イベント】呈茶

京都でひな祭りの際にいただく代表的なお菓子「引千切(ひちぎり)」と薄茶を、小間の茶室にてお召し上がりいただけます。

日時:開館日の11:00~16:00
料金:1,000円(別途入館料が必要です)
※お菓子「ひちぎり」/薄茶「珠の白」(柳桜園詰)

【関連イベント】お稽古道場 作品展/邦楽演奏

お稽古道場 作品展


永々棟で開講している各種教室の作品展示や演奏会を行います。
※全て事前申込不要・参加無料(入場料が別途必要です)

■池坊いけばな教室 社中展:3月16日(金)~18日(日)

■古筆に親しむ 手習い講 千鳥会 作品展示:3月16日(金)~18日(日)
※解説:3月18日(日)14:00~14:30

■狂言 小舞ワークショップ:3月18日(日)14:30~15:00

■楽しいオカリナ道場 演奏会:3月16日(金)、17日(土)14:00~15:00

邦楽演奏


日時:2018年3月21日(水・祝)14:00~15:00
出演:谷保範(尺八)、小林佐代子(箏・三絃)
料金:無料(入場料が別途必要です)

【同時開催】京の伝統産業わかば会 実演販売会

京都の次代を担う若手職人たちで構成された「京の伝統産業わかば会」の職人による実演販売会です。気鋭の若手職人による作品を週替わりで展示販売するほか、職人による実演も行い、伝統工芸の技を間近で見学することができます。

山口有加【京焼・清水焼】:3月2日(金)~4日(日)/《製作実演》3月3日(土)、4日(日)
柴田明【京漆器】:3月9日(金)~11日(日)/《製作実演》3月10日(土)、11日(日)
清水幹子【京焼・清水焼】:3月23日(金)~25日(日)/《職人対応》3月25日(日)
山城直人【京焼・清水焼】:3月30日(金)~4月1日(日)/《製作実演》3月31日(土)、4月1日(日)

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗