1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 細見美術館
  5. 特別展 国立能楽堂コレクション 「描かれた能-絵で楽しむ、文様が語る-」

特別展 国立能楽堂コレクション 「描かれた能-絵で楽しむ、文様が語る-」

2009/12/19 ~ 2010/02/14


【細見美術館】

細見美術館


600年以上の歴史と伝統を持つ日本最古の歌舞劇「能」と「狂言」。


2008年に開館25周年を迎えられた国立能楽堂は、ユネスコの「世界無形遺産」にも認定されている能楽の公演、振興、演能者の育成、さらには資料の収集・展示など様々な活動を行う一大研究機関として知られています。





今回の「描かれた能-絵で楽しむ、文様が語る-」展では、国立能楽堂が所蔵する能楽にまつわる絵画や装束のほか、舞台美術[作り物]などのさまざまな美術工芸品を通して、舞台で見るものとは一味違う能楽の世界をご紹介します。

例えば、演能の記録や謡曲の情景を表す絵画作品からは、能楽の変遷を知る様々な情報を読み取ることが出来ます。また、大名家や上層階級の教養のための教材としても、絵画作品は貴重な役割を担ってきました。能楽を描いた絵画作品は、まさに舞台芸術の歴史を知る貴重な名場面集といえます。

また、装束の文様は演目のストーリーや雰囲気を伝える役目があり、遠く離れた客席に座っていても分かるよう、力強い文様や雅な意匠といった舞台を彩る文様は大ぶりに表されています。装束だけではなく、楽器の文様にも音を楽しむための様々な意味があります。

屏風や画帖に描かれた演能の様子や、舞台で使われる能装束や面で学ぶ能のストーリーなど、舞台とはまた違った形で「能」の魅力を味わえる展覧会です。


CHECK POINT

関連イベント「能の楽器に親しむ」

展覧会に関連して、実際に能で用いられる楽器について、能楽師の方にお話を伺えるイベントが開催されます。
普段なかなか直に聞く機会の少ない能の音楽の世界を、この機会に体験してみては如何でしょうか。

【イベント概要】
開催日:2010年1月17日(日)
会場:細見美術館 茶室 「古香庵」
料金:800円(茶菓付き)
定員:各回15名


【講師・スケジュール】
《笛方》  竹市 学(藤田流) 1)11:00~11:40 2)13:00~13:40
《太鼓方》 加藤 洋樹(観世流) 1)14:00~14:40 2)15:00~15:40

事前申し込み制です。申し込み・詳細に関するお問合せは、施設、または公式ホームページまでお願い致します。


美術品や道具、意匠から楽しむ、もうひとつの「能」の世界。

能楽はその普及に伴い、しばしば絵画や工芸品などの意匠として用いられました。
絵画には演じられる様子やその演目の登場人物や名場面などが題材として描かれ、工芸品にも演目を象徴するシンボル的なものをあしらったものが多くあります。
また、舞台で用いられる装束の文様は、演じられる役柄の性別や性格なども示しており、能を知る上で欠かせない役割を担っています。
「舞台で演じられるもの」としてのイメージが強い「能」を、関連作品からその世界観や魅力を味わえるこの展覧会。違った切り口から見ることで、新鮮な驚きや発見も得られるのではないでしょうか。


【展示作品の一部をご紹介!】


『能楽図屏風』(六曲一双/江戸時代)※写真は部分
能の演目のひとつ「難波(なにわ)」を描いた作品。
「難波」は難波の地に立ち寄った朝臣の前に現れた百済国の王仁の化身が、梅の木のいわれや梅と縁の深い仁徳天皇の徳について語るというもの。屏風で描かれているのは後場で、ここでは木華開耶姫(このはなさくやひめ)とともに舞楽を舞って天下泰平を祈ります。
桜が満開の見所(観客席)には公家の女房たちや子供の姿が見られますが、髪の結い方からこれが江戸中期の作と推定されます。演目だけでなく、描かれた当時の風俗もうかがい知ることができる作品です。

『紅地雪持椿模様唐織(べにじゆきもちつばきもようからおり)』(明治時代)
「唐織」は、能装束の中でも特に絢爛豪華な装束。
女役専用の表着(いろい)で、紅色が使われているか否かでその役柄の年代を表しており、この作品のように紅入りのものは若い女性の役を演じる際に用いられます。
この作品は明治時代、梅若実(シテ方観世流)が宝生九郎(シテ方宝生流)から譲り受けた宝生太夫家の伝来品で、宝生太夫家ではこの雪持椿の文様は「道明寺」の演目の決まり物としています。


自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗