1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都市歴史資料館
  5. 京都を描いた書物-江戸時代の「京都本」-

京都を描いた書物-江戸時代の「京都本」-

2013/04/27 ~ 2013/07/24


【京都市歴史資料館】

京都市歴史資料館

【作品画像】 『拾遺都名所図会』 東海道奴茶屋 (天明7年刊)

江戸時代の京都は出版の中心地でした。仏教書、儒学や国学の研究書など様々な書籍が刊行され、日本中に広まっていきました。
その中には京都自体のことを記した書籍もたくさんあり、「都名所図会」など京都の名所や年中行事を記したガイドブックや、町の様子を伝えるもの、 京都の歴史や地理を研究した書籍まで、江戸時代に出版されていた「京都本」は大変多岐に渡っています。
今回のテーマ展では、そういった江戸時代の「京都本」の世界を約40点の展示品を通して紹介します。

《主な展示品》
「花洛細見図」(元禄17年(1704)刊)
「山城名勝志」(宝永5年(1708)刊)
「京羽二重」(貞享2年(1685)刊)
「京町鑑」(宝暦12年(1762)刊)
「都名所図会」(正篇) (安永9年(1780)刊)
「都名所図会」(拾遺)(天明7年(1787)刊)
「平安人物志」(明和5年(1768)ほか全9版)

※会期中には展示解説イベントが予定されています。
CHECK POINT

【関連イベント】展示解説

日時:2013年5月23日(木)、6月20日(木)、7月18日(木) 各日14:00~14:30
※事前申し込みは不要です。

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗