1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 花園大学歴史博物館
  5. 大圓寶鑑國師350年遠諱記念 大仙寺展

大圓寶鑑國師350年遠諱記念 大仙寺展

2013/04/02 ~ 2013/06/08


【花園大学歴史博物館】

花園大学歴史博物館

【作品画像】
(1)「蘭石図」鉄舟徳済自画賛 南北朝時代(14世紀)展示期間:1期(4月2日~5月4日)
(2)「叭々鳥図」万里集九賛 室町時代(15世紀) 展示期間:2期(5月7日~6月8日)


臨滹山大仙寺(岐阜県加茂郡八百津町)は、妙法山正眼寺および虎渓山永保寺とともに美濃三道場のひとつに数えられる美濃の名刹です。

大仙寺は、寛正2年(1461)ごろに創建された不二菴という寺を前身とし、明応10年(文亀元年・1501)、妙心寺で住侍を務めた東陽英朝(とうようえいちょう/1428~1504)が不二菴の住侍となった際に、「大仙寺」へと寺号が改められました。
その後大仙寺は多くの優秀な僧侶を輩出し、美濃における妙心寺派の拠点寺院のひとつとして興隆しました。近世にいたっては、愚堂東寔(ぐどうとうぜ/1577~1661)が大仙寺を復興し、新たな展開をみます。愚堂は後水尾天皇や徳川家光など有力者の帰依を受けていたほか、彼の教えを求めて宮本武蔵が大仙寺を訪れたという話も伝わっています。

大仙寺には、開創以来の寺史資料のみならず、東陽や愚堂をはじめとする歴代住持の墨蹟から美術資料まで、その由緒を伝える数多くの文化財が所蔵されています。しかし、これまでに大仙寺の文化財がまとまって展示・公開されたことはありませんでした。

この展覧会では、大仙寺が所蔵する文化財のうち、寺史資料のほか墨蹟、および美術資料の優品を中心に展示し、大仙寺の歴史と美濃の地に華開いた禅文化をご紹介します。

※期間中、一部展示替がございます。
【1期】4月2日(火)~5月4日(土・祝) / 【2期】5月7日(火)~6月8日(土)
CHECK POINT

【関連イベント】記念講演会

(1)中世の大仙寺


講師:横山 住雄 氏(濃尾歴史文化研究所主宰)
日時:2013年5月8日(水)13:00~14:30
会場:花園大学教室
※入場無料
※申込不要(先着150名)

(2)愚堂禅師の禅


講師:河野 太通 老大師(妙心寺派管長)
日時:2013年6月5日(水)13:00~14:30
会場:花園大学教室
※入場無料
※申込不要(先着150名)

※記念講演会に関するお問い合わせ
公益財団法人 禅文化研究所
TEL:075-811-5189 / FAX:075-811-1482

Mail:info@zenbunka.or.jp

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗