1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都文化博物館
  5. 徳川家康没後400年記念 大関ヶ原展

徳川家康没後400年記念 大関ヶ原展

2015/06/02 ~ 2015/07/26


【京都文化博物館】

京都文化博物館

【作品画像】
(1)「関ヶ原合戦図屏風」左隻(敦賀市博物館蔵)
(2)「関ヶ原合戦図屏風」右隻(敦賀市博物館蔵)
(3)重要文化財「薙刀直し刀 骨喰藤四郎」鎌倉時代(豊国神社蔵)【展示期間:6月2日〜6月28日】
(4)重要文化財「唐物肩衝茶入 銘 初花 大名物」南宋~元時代(德川記念財団蔵)【展示期間:6月2日〜6月14日】
(5)重要文化財 小早川秀秋像 江戸時代前期(高台寺蔵)【展示期間:6月30日~7月26日】


2015年は、江戸幕府を拓いた徳川家康の没後400年にあたります。
「大 関ヶ原展」はこれを記念し、東京・京都・福岡の全国3会場で開催する関ヶ原合戦展の決定版です。

慶長5年(1600)9月15日、関ヶ原の地に全国各地から数多の武将が集い、徳川家康率いる東軍・石田三成率いる西軍に分かれて激突した、戦国史上最大の戦い「関ヶ原合戦」。
この戦いがいかにして起こり、どのような結末を迎えたのか。そして後世にどのような影響を及ぼしたのか。「大 関ヶ原展」では、合戦に参加した武将たちの武具甲冑やゆかりの品々、合戦の様子を描いた屏風などの絵画資料、当時の緊迫した空気を伝える書状の数々を通じ、関ヶ原合戦の全体像に迫ります。

京都展では、重要文化財「木造徳川家康坐像」(知恩院蔵)や、重要文化財「薙刀直し刀 骨喰藤四郎」(豊国神社蔵)、そして京都初公開となる「唐物肩衝茶入 銘 初花 大名物」(川記念財団蔵)など、京都限定公開の品も含めた貴重な資料約200点が集結します。
また、京都展のコンセプトとして合戦の裏にある人間模様に着目し、関ヶ原合戦の勝敗の鍵を握った小早川秀秋をはじめ、関係する人物を描いた肖像画を3会場で最も多く展示します。
その他、関ヶ原合戦の直前に京都近郊で起きた戦いにも注目。関ヶ原合戦にいたるきっかけとなったとされる伏見城(京都市伏見区)の戦いをはじめ、田辺城(舞鶴市)、そして大津城(滋賀県大津市)での攻防戦の様子を伝える資料も公開します。

また、最新技術を用いた「ジオラマ・プロジェクションマッピング」を使用した映像も併せて展示。地形や天候の変化、各大名の動きなど、刻々と変化する関ヶ原の状況をわかりやすくご紹介します。

日本の歴史を大きく動かした、天下分け目の決戦。その全貌を空前のスケールで明らかにする展覧会です。この機会をお見逃しなく!


※この展覧会は前後期制です。会期中に展示替がございます。
【前期】6月2日(火)~28日(日)/【後期】6月30日(火)~7月26日(日)

■ 大関ヶ原展 特設ページ:http://sekigahara2015.com


CHECK POINT

【関連イベント】記念講演会「石田三成の世評と語られる関ヶ原の戦い」

日時:2015年7月4日(土)10:30~12:00
会場:京都文化博物館3階 フィルムシアター
定員:170名
講師:橋本章(京都文化博物館学芸員)
※参加無料(ただし、当日の展覧会入場券[半券可]が必要です)
お申込はこちらから

【関連イベント】学芸員によるギャラリートーク

日時:2015年6月5日(金)・12日(金)、7月3日(金)・10日(金)各日18:00~
会場:展示室内
※参加無料・事前申込不要(ただし、当日の入場者に限ります)

【関連イベント】甲冑着用体験イベント

戦国武将たちが着ていた甲冑(レプリカ)の着用体験イベント。
使用する鎧や兜は、映画などで撮影用に使用される本物そっくりの逸品です。この機会に武将気分を味わってみては。

日時:2015年6月14日(日)10:00~16:00
会場:京都文化博物館6階 ミュージアムギャラリー(和室)
料金:1,000円~4,000円
定員:50名(当日先着順受付)
お問い合わせ:高津商会(TEL 075-882-7866/平日9:00~17:00)

【フィルムシアター】大関ヶ原展記念:映画にみる戦国時代-戦国の世を生き抜く

京都文化博物館3階フィルムシアターでは、「大関ヶ原展」開催を記念し、会期中に戦国時代を舞台にした名作映画の特集上映が行われます。
黒澤明監督の代表作「七人の侍」(1954年)や、特撮映画の金字塔としても評価される「大魔神」(1966年)などがラインナップ。
展覧会とあわせてお楽しみください。

※上映スケジュール・作品の詳細については公式ページをご確認ください。

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗