1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 花園大学歴史博物館
  5. 花園大学歴史博物館開館10周年記念 大法院展 真田家と佐久間象山ゆかりの文化財

花園大学歴史博物館開館10周年記念 大法院展 真田家と佐久間象山ゆかりの文化財

2010/04/02 ~ 2010/06/30


【花園大学歴史博物館】

花園大学歴史博物館



妙心寺塔頭のひとつ・大法院。ここは寛永2年(1625)に千種有能夫人の長姫(?~1702)が、祖父である松代藩初代藩主・真田信之(1566~1658/真田幸村の兄)の遺命をうけて建立した信之の菩提所です。

院号は信之の法名「大法院殿徹岩一明大居士」に因んでのもので、開祖には長姫が帰依していた絶江紹隄(妙心寺175世)の弟子である淡道宗廉が招かれました。
また、大法院は長姫の姻戚関係により、真田・千種・久我・内藤の四家の菩提所となっているほか、松代藩第八代藩主真田幸貫の儒臣であった幕末の学者・佐久間象山(1811~64)の墓地が設けられ、象山ゆかりの寺院としても知られています。






大法院には、創建からの由緒を伝える数多くの文化財が伝来していますが、その大半がこれまで紹介されてこなかった作品ばかりです。
展覧会では、大法院の全面的協力のもと、大法院所蔵の文化財のうち、創建からの歴史を伝える真田家、及び佐久間象山ゆかりの品々のほか、近世を代表する絵師たちの優品を中心に展示。

妙心寺の長い歴史における大法院の展開と、蓄積された多彩な文化財をご紹介します。


※期間中、作品の展示替えが行われます。

CHECK POINT

春と秋しか見られない名所から、名品が集合!





『佐久間象山像』菊池契月筆
(明治~昭和時代(20世紀)/大法院蔵)
(展示期間 5月6日~6月2日)


素晴らしい露地庭園があり、新緑と紅葉の名所としても知られている大法院。
実際、公開は春と秋の年二回のみのため、なかなか見る機会の少ないスポットになっています。
そしてその所蔵品となってはなお更、まとまった形で目に出来る機会は少ないはず。

今回の展覧会には、
小説や時代劇などでもお馴染み・寺院を創建した真田家に関係するものから、今話題の幕末の主役の一人・佐久間象山ゆかりの品(肖像画や直筆の書など)まで、美術好きにも歴史好きにもたまらない品々約60点が出品されています。


【大法院も特別公開!】
丁度展覧会の期間中には、大法院自身も春の特別公開が行われます。
展覧会と併せて、新緑の庭を楽しみに出かけてみては如何でしょうか?

特別公開期間:2010年4月10日(土)~5月10日(月)
時間:9:00~16:00

大本山妙心寺山内 大法院
〒616-8023 京都市右京区花園大藪町20
TEL(075)461-5162

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗