1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 高麗美術館
  5. コレクション名品展 朝鮮陶磁の美‐青磁・白磁・粉青沙器

コレクション名品展 朝鮮陶磁の美‐青磁・白磁・粉青沙器

2011/11/12 ~ 2012/01/29


【高麗美術館】

高麗美術館


今回の高麗美術館コレクション名品展では、美術館が所蔵する高麗青磁と朝鮮白磁、そして粉青沙器を一堂に公開するほか、朝鮮時代の木工家具や絵画、装身具など、あわせて約100点を展示いたします。

朝鮮の陶磁は、時代によってさまざまな表情をみせています。例えば高麗時代を代表する青磁は、翡翠色の釉薬が薄く掛かり、雲鶴や牡丹・菊などの緻密な文様が施された象嵌青磁は当代最高の技術を誇っています。
そこから一転、色と形に変化が生まれ、緻密さとは真反対の粗放な力強さを印象づけるのが粉青沙器です。王宮でも粉青沙器が受用されましたが、15世紀頃に完成された美しく高貴な青花の登場で衰退しました。
しかしその個性は白磁へと受け継がれ、朝鮮王朝のおよそ500年にわたり、一貫した特徴を保ちながら発展し続けました。特に17世紀以降の白磁は、あまりに素朴で自然体であるゆえに一時は評価されませんでしたが、まるく大きな「満月壺」など、後期の白磁に対する最近の人気には目を見張るものがあります。



高麗美術館コレクションの生みの親である鄭詔文(1918~1989)は焼物が好きで、これらを眺めては陶工を想い、古里を偲びました。そのなつかしさはきっと、朝鮮陶磁と触れ合う人の心にも届くことでしょう。ぜひ、あなただけのお気に入り作品を見つけにきてください。


CHECK POINT

【関連イベント】ワークショップ「やきもの絵付け体験」

来年(2012年)の干支・辰にちなんで、鉄絵で「龍」のイメージを丸皿(径15㎝)に描き、
”my 絵皿”を作ってみましょう。
日時:11月20日(日)、11月27日(日) 10:00~12:00、14:00~16:00の両日2回
講  師:村田森先生(むらたしん/陶芸家)
参加費:3,500円(入館料含む)    
定員:各回15名
申込方法:事前予約制です。高麗美術館研究所(075-494-2238)にお電話にてお申し込みください。
※汚れてもよい服装でお越しください。
※作品は、後日、窯でやいたあと、12月20日(火)頃に美術館にてお渡しします。

【関連イベント】プレゼント企画

会期中、2名様以上でご来館の方に、もれなく図録『李朝染付』を1冊差し上げます。

※開館3周年記念図録(1991年刊) 館蔵の青花白磁32点を掲載。
通常価格1,000円/カラ―50ページ

【主な出展品】

・青磁象嵌牡丹文扁壺(13世紀後半)
・粉青掻落蓮華文扁壺(15世紀)
・辰砂葡萄文壺(18世紀)
・青花花蝶文瓶(19世紀)
・鉄砂帆船魚文壺(20世紀初頭)
・白磁壺(17世紀後半 コレクション第1号)   など約70点


自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗