1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都国際マンガミュージアム
  5. 世界のコミックス作家がみた3.11~マグニチュード・ゼロ~

世界のコミックス作家がみた3.11~マグニチュード・ゼロ~

2012/03/03 ~ 2012/05/06


【京都国際マンガミュージアム】

京都国際マンガミュージアム


昨年・2011年3月11日に発生した東日本大震災とそれによって引き起こされた津波、原発事故は、日本国内だけでなく海外にも大きな衝撃を与えました。

この度京都国際マンガミュージアムでは、震災直後にチャリティー目的で世界中から集まったイラスト、及び復興を応援するために今回描き下ろされたイラストを紹介する展覧会を開催します。



震災直後、フランスの人気コミックス原作者のジャン=ダヴィッド・モルヴァン氏の提案により、世界中のコミックス作家からチャリティーイラストを集める「Tsunami(ツナミ)」プロジェクトが発足しました。そこに寄せられた作品数は数千に上ります。その中から250点の作品が選ばれ、イラスト集『マグニチュード9』として刊行され、話題となりました。



そしてこの度、この『マグニチュード9』の日本語版が、朝日新聞出版社から刊行されることとなりました。日本語版のタイトルは、『マグニチュード・ゼロ』。震災から1年が経ち、「もう一度ゼロから立ち上がろう」という思いがこめられています。この日本語版には、今回のために新たに描き下ろされるなどした約60点のイラストも加わり、『マグニチュード9』から厳選された約60点とあわせ約120点の作品が収録されています。
今回の展覧会では、イラスト集『マグニチュード・ゼロ』収録の全てのイラストが展示される予定です。

※ 3月15日(木)までは、関西日仏学館にても『マグニチュード9』の展示が行われます。

また、震災発生から現在までの状況について、作品などを通して積極的に発言をしてきたマンガ家のしりあがり寿氏と、「Tsunami(ツナミ)」プロジェクトの発起人であるジャン=ダヴィッド・モルヴァン氏による対談も開催します。
CHECK POINT

【関連イベント】対談「しりあがり寿×ジャン=ダヴィッド・モルヴァン―マンガがこの世界にできること」

展覧会の初日に合わせて、ジャン=ダヴィッド・モルヴァン氏と、日本のマンガ家・しりあがり寿氏の対談イベントが開催されます。
しりあがり寿氏は、震災発生から現在までの状況について、作品などを通して積極的に発言をしてきました。震災関連の作品を収録した『あの日からのマンガ』にて、先日第15回文化庁メディア芸術祭マンガ部門の優秀賞も受賞しています。

3.11に対して、マンガを通してアプローチしてきた二人の作家。
3.11後の状況を踏まえ、マンガが社会に対してどのようなことができるのか、みなさんと考えていきます。
※当日は日本語通訳有り

日時:2012年3月3日(土) 14:00~16:00
会場:京都国際マンガミュージアム 1階 多目的ルーム

料金:無料(ミュージアム入場料は別途必要です)
定員:250名(先着順)
※ 事前申し込み不要。当日10:00より、ミュージアム内にて整理券が配布されます。

【出演】
しりあがり寿 氏(マンガ家/日本)
ジャン=ダヴィッド・モルヴァン 氏(「Tsunami(ツナミ)」プロジェクト発起人/フランス)

しりあがり寿 氏 プロフィール

昭和33年静岡県出身。マンガ家。神戸芸術工科大学特任教授。
「エレキな春」、「流星課長」など、パロディからシュールまで、幅広いタイプのギャグマンガを独特のセンスで次々と発表し、評価を得る。「弥次喜多 in DEEP」では、ギャグを基調にしながらも生と死をみつめる哲学的な作品にも挑戦し、第5回手塚治虫文化賞「マンガ優秀賞」を受賞した。第46回文藝春秋漫画賞を受賞した「時事おやじ」シリーズや、『朝日新聞』夕刊で連載中の「地球防衛家のヒトビト」など、社会に対する鋭い感性が発揮された作品も少なくない。
3.11直後、「たとえ間違えているとしても、今、描こう」と始めた「海辺の村 discontinuous day」は、ポスト3.11の近未来を描き、各界に衝撃を与えたことは記憶に新しい。この作品が収録された『あの日からのマンガ』は、第15回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞した。

イラスト集『マグニチュード・ゼロ』の先行販売について

3月3日(土)より、ミュージアムのショップにて、イラスト集『マグニチュード・ゼロ』(朝日新聞出版社刊。2,200円)の先行販売を行います。
※ 書籍価格のうち200円は、被災者支援金として寄付されます。
※ こちらのイラスト集は、展覧会の図録も兼ねております。

【関連展示】マグニチュード9(関西日仏学館)

関西日仏学館では、3月15日(木)まで、イラスト集『マグニチュード9』の収録作品より選ばれた作品の展覧会を開催しています。こちらも併せてご覧ください。

日時:2012年2月25日(土)~3月15日(木) 10:00~19:00(日曜日は15:00まで)
※ 月曜休館
※ 入場無料

会場:関西日仏学館 3階サロン
〒606-8301 京都市左京区吉田泉殿町8
TEL:075-761-2105
URL:http://ifjk.jp/

【関連イベント】養老孟司館長特別講演

展覧会に関連して、京都国際マンガミュージアム館長である養老孟司さんによる講演会が開催されます。
東日本大震災から1年が経過したことを踏まえ、震災に対する思いなどを語ります。

日時:2012年3月20日(火・祝) 14:00~15:00
会場:京都国際マンガミュージアム 1階 多目的映像ホール
料金:無料(ただし、ミュージアム入場料は別途必要です)
※事前申し込み不要。当日10:00よりミュージアム館内にて整理券が配布されます。(先着100名)



養老孟司プロフィール


ようろう・たけし。東京大学名誉教授・解剖学者。京都国際マンガミュージアム館長。
1937年神奈川県生まれ。1962年東京大学医学部卒業。1981年東京大学医学部教授就任。
1989年著書『からだの見方』(筑摩書房)でサントリー学芸賞を受賞。
1995年に東京大学を退官し、1996年から2003年まで北里大学教授。
『唯脳論』『バカの壁』など多数の著書があり、脳科学者の立場から人間社会の様々な事象を脳の機能や仕組みと結びつけて評論している。
『バカの壁』(新潮社)は、2003年のベストセラー第1位になり、同年度の毎日出版文化賞特別賞と流行語大賞を受賞。
その他、テレビ出演や講演会など幅広く活躍している。

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗