1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 高麗美術館
  5. コレクション名品展Ⅰ朝鮮のやきものと木工芸 -日本の「民芸」との関わり-

コレクション名品展Ⅰ朝鮮のやきものと木工芸 -日本の「民芸」との関わり-

2013/04/06 ~ 2013/06/02


【高麗美術館】

高麗美術館

数ある朝鮮の工芸品のなかで今もっとも親しまれているのが、やきものと木工家具です。

かつては単なる道具にすぎなかったものが、時代を経て、人の美意識が投影され、熟達した技によって洗練されていきました。
高麗の青磁や螺鈿漆器にみる細やかな文様表現は、朝鮮時代になると大らかな温かみが加わり、形を生む「線」にこそすべてが凝縮されていきます。陶磁や木工など衒いのない生活用品は、そうした朝鮮特有の美意識を見ることのできる存在でした。

大正から昭和にかけ、柳宗悦や河井寬次郎、濱田庄司らは民衆の生活に溢れる陶磁や木工から「用の美」を見出し、「民芸」の普及活動を繰り広げました。
朝鮮のやきものと木工芸は、彼らにも愛されて数多く収集され、またその影響を受けた多くの職人が輩出されました。

今回の展覧会では、高麗美術館所蔵の朝鮮時代の陶磁と木工家具を中心に約80点を展示し、現在に息づく「民芸」の原点に着目します。
素朴で実用的な生活品に見出される独特の味わいを、どうぞご堪能ください。

なお、今回は『朝鮮の膳』や『朝鮮陶磁名考』の著書である浅川巧(1891~1931)と親交のあった、加藤松林人(1898~1983)画伯の絵画2点と、作品写真1点を併設展示いたします。
加藤松林人は徳島県に生まれ、20歳の時に朝鮮へ渡り、30年を彼の地で過ごしました。 朝鮮全土をくまなく歩きながら随筆と絵を数多く残し、名勝や風俗を好んで描いています。こちらも併せてご覧ください。
CHECK POINT

【関連イベント】“李朝と民芸の心に触れる”春の鑑賞会と韓国伝統茶

展覧会をご鑑賞後、李朝喫茶「李青」の伝統茶と菓子でティータイム、 そして東山五条の河井寬次郎記念館へとご案内します。
河井寬次郎記念館では、寬次郎が所有した朝鮮白磁壺を特別見学。また、御令孫の鷺珠江さんによるお話を伺います。
参加者の方には高麗美術館オリジナルグッズをプレゼント。

日時:2013年4月27日(土)、5月11日(土) 13:00~16:30
集合場所 : 高麗美術館マダン(加茂川中学校前、堀川通り西南角)
コース : 高麗美術館→李朝喫茶「李青」→河井寬次郎記念館 ※専用車にて移動
参加費: 4,000円(入館料等込み)
定員 : 各回15名様限定(先着順)
参加受付 : 電話での事前申込(TEL075-494-2238)※申込は2名様まで

【関連イベント】キズモノ・レアモノ ミニ古本市

朝鮮の歴史・民俗等に関する古書や高麗美術館発行図書などを特価で即売します。

会場: 高麗美術館マダン
※入場無料(ただし展覧会の鑑賞券が必要です)

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗