1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都国立近代美術館
  5. 映画をめぐる美術 ―― マルセル・ブロータースから始める

映画をめぐる美術 ―― マルセル・ブロータースから始める

2013/09/07 ~ 2013/10/27


【京都国立近代美術館】

京都国立近代美術館

詩人として出発したベルギー出身の芸術家マルセル・ブロータース(1924-1976)。
彼は1964年頃から美術の領域に身を置き、言語とイメージの関係を扱ったオブジェや写真・短編映画の制作、また公開書簡や出版などの著述活動、さらに美術を取り巻く権威や制度を批判的に検証する虚構性に満ちたプロジェクトなど幅広い創作活動を展開し、戦後美術の転換期に大きな足跡を残しました。

メインビジュアルで仮面を付けたブロータースが手にしている書物は『映画の発明 1832-1897』(ジョルジュ・サドゥール著、1946)です。これが示すように、ブロータースにとって映画は重要な表現方法のひとつであり考察対象でもありました。特に、ブロータースが映画を「書く」ための方法として位置づけたことは、それまでは「視る」ことへ主に意識を傾けてきた映像表現に対して、「読む」という視点を改めて強調した、と言えるでしょう。
時にユーモアを交えながら言語とイメージの関係を根源的に問うブロータースの実践は、後進の世代の美術家たちに大きな影響を与え続けています。とりわけ、写真やヴィデオ、インスタレーションの手法を用いた表現が急増した1990年代以降の美術動向を理解する上でも、有効な手がかりとなるように思えます。

主に1990年代後半以降、映像表現を手がける美術家たちは、映画の技術や理論、歴史に高い関心を持ち、過去の映画作品をさまざまな形で参照・解読するという創作手法を用いる傾向があります。
これを視野に入れつつ、今回の展覧会では、ブロータースによる映画に関するテクストやプロジェクトを参照軸に、そこから引き出される5つのテーマ―「Still / Moving」「音声と字幕」「アーカイヴ」「参照・引用」「映画のある場」―に即して、現在国際的に活躍している美術家12名による作品を展示します。
フィルム、写真、ヴィデオ、インスタレーションなどの作品により、映画をめぐる美術家の多様な実践を紹介します。
 

出展作家

マルセル・ブロータース
エリック・ボードレール/ドミニク・ゴンザレス=フォルステル/ ピエール・ユイグ/アイザック・ジュリアン/アンリ・サラ/シンディ・シャーマン/ ダヤニータ・シン/田中功起/アナ・トーフ/やなぎみわ/ ミン・ウォン/アクラム・ザタリ


【作品画像】
(1) エリック・ボードレール 《重信房子、メイ、足立正生のアナバシス、そして映像のない27年間》 2011年 カディスト美術財団蔵
  Courtesy of Kadist Art Foundation © the artist
(2) ダヤニータ・シン《ファイル・ルーム》 2013年 © the artist
(3) やなぎみわ 《GLORIA & LEON》 2004年 © Miwa Yanagi
(4) ドミニク・ゴンザレス=フォルステル 《2058(図書目録)》 2012年
   Photography: Andrea Rossetti Courtesy of the artist, Esther Schipper, Berlin and Corvi-Mora, London © the artist
(5) 田中功起 《a poem written by 5 poets at once (first attempt) 》 2013年
  commissioned by The Japan Foundation for the occasion of the show "abstract speaking - sharing uncertainty and collective acts,"at The Japan Pavilion at the 55th International Art Exhibition - la Biennale di Venezia, 2013 © the artist


CHECK POINT

【関連イベント】連続アーティスト・トーク/金曜夜の上映プログラム/NFC所蔵作品選集 MoMAK Films 2013/PARASOPHIA:京都国際現代芸術祭2015 オープンリサーチプログラム[レクチャー]


連続アーティスト・トーク


出演:ドミニク・ゴンザレス=フォルステル、田中功起、アナ・トーフ(出品作家)
日時:2013年9月7日(土) 14:00~15:30
定員:先着70名(当日13:00から1階インフォメーションにて整理券を配布します)
※聴講無料(要観覧券)、逐次通訳あり

金曜夜の上映プログラム


日時:
2013年9月13日(金)19:00~20:00 特集:田中功起
2013年9月27日(金)19:00~20:00まで 特集:ドミニク・ゴンザレス=フォルステル
2013年10月11日(金)19:00~20:30 特集:ミン・ウォン

会場:京都国立近代美術館1階講堂
定員:先着100名 要観覧券(当日17:00から1階インフォメーションにて整理券を配布します)
詳細はこちら

NFC所蔵作品選集 MoMAK Films 2013


京都で東京国立近代美術館フィルムセンター(NFC)所蔵の映画作品が鑑賞できる、「MoMAK Films」。
今回は「映画をめぐる美術」展の関連企画として、ブロータースおよび出演アーティストたちが作品の中で言及している映画を取り上げます。喜劇王チャップリンや巨匠ヒッチコックなどの代表作が上映されます。

日時:2013年10月26日(土)・27日(日)14:00~
会場:京都国立近代美術館1階講堂
定員:100名
※事前申込不要、当日受付
※当日13:30より受付にて当日上映作品の整理券を配布します
※各回入れ替え制です。
※ 当日に限り、チケットの半券でコレクション・ギャラリーも無料でご鑑賞いただけます。
詳細はこちら

PARASOPHIA:京都国際現代芸術祭2015


オープンリサーチプログラム[レクチャー]
ドミニク・ゴンザレス=フォルステル


2015年に開催を予定している京都国際現代芸術祭2015とのタイアップ企画。
本展の出品作家のひとりであり、ヨーロッパを中心に美術、文学、建築、映画など多方面で活躍するゴンザレス=フォルステル氏によるレクチャーを行います。

日時:2013年9月6日(金)19:00~20:00(18:30開場)
会場:京都府京都文化博物館 別館ホール
入場料:無料(申込不要)、定員100名
主催:京都国際現代芸術祭組織委員会、一般社団法人京都経済同友会、京都府、京都市
協力:京都国立近代美術館
後援:国際交流基金
問合せ:京都国際現代芸術祭組織委員会事務局(PARASOPHIA事務局)
TEL: 075-257-1453 / e-mail: info@parasophia.jp
詳細はこちら

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗