1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都市学校歴史博物館
  5. 開校140周年記念 「町衆のエネルギー!京都・番組小学校展」

開校140周年記念 「町衆のエネルギー!京都・番組小学校展」

2009/12/18 ~ 2010/03/08


【京都市学校歴史博物館】

京都市学校歴史博物館













日彰校の五層楼(明治5年築/元京都市立日彰小学校提供)
日彰尋常小学校という校名が門表にあり、明治25年以降の撮影写真とわかる。五層楼の一層目は役場、四層目には太鼓が置かれ、最上層には半鐘が吊るされて望火楼をなしていた。
左:下京二十三区まとい(京都市立植柳小学校蔵)
明治5年に二十三区に名称が変わった下京第十九番組が使っていたまとい。馬簾は取れて無いが,頭が町組名を残している。

右:春日校校門(明治16年/元春日小学校提供)

明治2年・正月の京都に、新しい自治組織である「番組」(町組)が誕生すると、日本で始めての64校の小学校の建設がその番組ごとにはじまりました。
ちょうど、当時は京都から東京へと天皇がお移りになる、という大きな出来事が起きていた時期。「京都が日本の「みやこ」でなくなる」ということへの危機感を、京都の町衆たちは「小学校」を自らの手で開校するという大事業へと変えたのです。

明治維新の混乱期に一斉に開校した64校の番組小学校は、誇りある町衆の拠り所にもなっていました。
そして、この小学校を愛するエネルギーは今もなお、時折あふれ出ては私たちを驚かせます。しかしその一方で、このエネルギーが消えつつあるということも事実です。

この展覧会では、番組小学校開校への過程を示す文書類や、当時の小学校の姿を示す図面や写真パネルに、実際に使われた教科書や道具類など、明治より現在に伝えられた64の番組小学校すべての遺物を一斉に公開します。
地域社会が教育に関わる意義に注目が集まっている今、140年前の京都の町衆の、小学校創設にかけたエネルギーの強大さを感じ取ってみてください。

※会期中、一部展示替される展示品がございます。予めご了承下さい。
※展示替は1月20日(水)、2月10日(水)を予定しています。


CHECK POINT

講演会「近世京都の教育文化と番組小学校」

展覧会に関連して、講演会が開催されます。
明治政府よりも早く、学区制の学校として生まれた番組小学校と、それを生み出した京都の教育文化を語ります。

日時:2010年1月17日(日) 13:30~15:00
講師:辻本 雅史 氏(京都大学大学院教授)
料金:無料(京都市学校歴史博物館への入場料が別途必要です)
定員:70名(先着順)
※事前に電話でのお申し込みが必要です。詳細につきましては、開催施設まで直接お問合せ下さい。

【講師プロフィール】
辻本 雅史 氏
1949年生まれ。京都大学大学院教育学研究科教授。
現在、NHKラジオ第二「こころをよむ 教育を江戸から考える」に出演中。


政府よりも早く生まれた、日本初の学区制小学校。それを生んだ町衆の心意気を味わう。



明治2年(1869)に生まれた京都の番組小学校は、現在のように地域エリアごと(ここでは自治組織「番組」ごと)に設置される形の学区制小学校。明治政府が「学制」として学区制の学校制度を創設したのは明治5年(1872)のことだったので、京都はそれに先んじていたことになります。
しかも、学校の設立を町に住む人々の手で行ったという点もまた、日本の教育文化を考える上で非常に大きなものがあるといえます。
建物の建設費用や運営費用などは、地域の有志からの寄付金も多く充てられていました。

また、小学校は教育機関としてだけでなく、地域の人々の憩いの場である町会所や、府の出先機関としての役割も担っていました。
小学校は地域の人々をつなぐ中心的な存在になっていたといえるでしょう。
実際、現在でも当時の学区が「元学区」として社会福祉や地域行政などのエリア単位として機能しています。

京都市学校歴史博物館自体も、その番組小学校のひとつ・開智小学校の建物が利用されています。
建物と展示を合わせて、明治の町衆の心意気とエネルギーを味わってみては如何でしょうか。


自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗